« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

万葉ウォーク おまけ

全国の鈴木さん!!!

藤白神社に鈴木総本家があるのをご存知

ですか。(そんな事知ってるって)

全国でも多い苗字ですがその本家が

あったなんて知らなかったです。

P1000391_1これがその説明。

ちなみに鈴木さんが

神社を訪れると

記念品を頂けるそうです

全国の鈴木さん!

機会があれば是非行ってみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紀伊万葉ウォーク 4

翌日は雨模様。

朝一番で海から和歌の浦を見るため

舟に乗り込む。
P1000362
舟の追ってかもめの

群れが追いかけてきた。

舟から降りて朝市を見学。
P1000357
取れたての海老を購入。

その後、玉津島神社、不老橋

と訪れたが、昔は海だったそうな。

その後藤白神社で昼食を取る。

P1000378万葉の歌碑を尋ね

古のロマンを思い

               

P1000389雨にたたられなければ

もっと良かったのにと

思いつつ帰路に着きました。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

紀伊万葉ウォーク 3

二日にわたってのウォーキングの初日
宿泊は和歌の浦でした。
夕食前に懇親会があり、地元の雅楽
演奏が披露されました。
P1000348



中々味わいがありこういう機会でもな
いと体験できるものではないので楽し
かったですよ。
P1000350



天候も何とか持って(少し寒かったけ
ど)一日目を無事終わりました。
明日は天気が崩れるようだけど、晴
れを祈りつつ眠りに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紀伊万葉ウォーク 2

朝10時大谷駅から妹山背山を目指してスタート
P1000339
こんな感じで200人以上いたと思う。

最初に断っておきますが参加するのに

全く万葉の基礎知識もなく、参加しました。

途中宝来神社で昼食をとったのですがそのときに

万葉のうたがたりがありました。
P1000336_1

コンサートを聞きながら昼食を終え、またウォーク開始

そして妹山に登山といってもほんの少し登山。
P1000331
途中からの紀の川の眺めを楽しみながら

その日の最終目的地まで約3時間ほどの

P1000343道のりを終えました。

そこで地元のボランティアの方々の

暖かい鍋を頂きその日は宿泊の和歌の浦

へとバスで向かったのでした。

基礎知識のない私にも村瀬先生の話は分かりやすく面白かった

ですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紀伊万葉ウォーク 1

P1000325  大谷駅から背山二峰まで約3時間余りの

  ウォークが初日。

二日目は和歌浦近隣のウォークP1000374_1                                   
という1泊2日の旅でした。

続きは明日に、、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

前割り

前割り

前割して忘れていた。もう五日もたっている。まろやか?気が抜けた?つんと来るものがないのは飲みやすいけど、どーなんかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美味しそう

美味しそう

昼飯食べに行ったらこんな物が並んでました。今度夜に一度くらいは来なくっちやね。黙って見過ごす訳にはいかない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その後のアボガド君

その後のアボガド君

昨年の冬を生き抜いたアボガドが二年目の冬を迎えようとしています。今年は部屋に入れるか、温室でも造ってやろうかな。だってこんなに頑張っているんだもん。ほんの気まぐれで発芽なんてしないと思っていたのに

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紹介しておきます

知人から送られて来ました。お好きな方は是非どうぞ。

Osaka12月29日です。






L_line23

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都大原 おまけ

大原と言えば三千院。

恋に疲れた女が一人♪ではありませんが

仕事に疲れたおっちゃんが一人です。

Jizouこの地蔵さんなんだかいいですね。

それから桜も咲いてました。

不断桜です。

Sakuraこれは実光院で咲いてました。

お抹茶を飲みながら中々風情が

ありますよ。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

京都大原

京都大原に1泊旅行しました。

紅葉を期待したかったのですが、ちょっと早かった。

今年は暖かいせいか11月の下旬位が見ごろか。

P1000268一部紅葉している部分もあるけど

まだまだの様子。

P1000252夜は京懐石で満足。

やはりこの季節になると

日本酒が恋しい。

伏見の美味しい酒で、その日はぐっすり、大いびき。

土産に2本ほど買い込んで来ました。

P1000316純米 澤屋 まつもと

松本酒造の酒





P1000315_1純米ひやおろし

ラベルの文句に引かれて買いました。

京都・綾部の契約農家が手塩にかけて

作ったお米と伏見の名水で醸した

旨み豊な純米酒をひんやり蔵でじっくり寝かせ

秋、飲み頃を迎えたひやおろしです。

旬の味わいをお上りやす。(招徳酒造)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

正倉院展行って来た

当日は寒かった。

国立博物館についたらなんと入館の待ち時間45分。

入り口まで「ヤマタノオロチ」のようにぐるぐると入館待ちの列。

おまけに寒いと来る。やっと入れたらまずは「トイレ」に駆け込む。

で、見終わったら腹減ったので食事に直行。

そのあと奈良町界隈を散策して、その後宿泊地の京都洛北

に向かう。

P1000239

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つま恋

本日は休みで一日中だらだら。
明日正倉院展の最終日に出かけるつもりです。
それはまたアップしますが

~Forever Young~ Concert in つま恋2006

つま恋行って見たかったなー。
コンサート前日につま恋に明日の朝行くんだ、って言っていた
人とついつい遅くまで飲んでしまってゴメン。
翌朝きつかったことでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年の紅葉は

P1000203紅葉を見たくて出かけました。

場所は一庫ダム。

残念ながら紅葉はまだ。

今年は暖かいせいか11月の末位になりそうです。

毎年比叡山に行くのですが、あそこの山門の紅葉は綺麗です。

で永平寺まで登山し(約1時間程度)下山した後に坂本で

蕎麦を食べながら一寸一杯と言うのが毎年の恒例の

行事です。美味いんだなーこの酒が。

5年モノ (初回限定盤) 5年モノ (初回限定盤)

アーティスト:福山雅治
販売元:ユニバーサルミュージック
発売日:2006/12/06
Amazon.co.jpで詳細を確認する

5年ものかー!!いわば古酒ですな。

きっと美味しいことでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

地鶏

今日は連休明け。で一寸帰りにいつもの店に。

週の初めなのであまり飛ばさずに1杯だけ。

と思っていったが宮崎地鶏の美味さについ2杯。

マスターが今日はいい地鶏が手に入ったとのこと。

鶏はどちらかと言うと苦手なほうで食べなかったのだが

途中から先生が来て鶏がらをボイルしてその後

醤油をかけて10分程度蒸す。それだけなのに

これが美味しいのだ。(ご馳走様)

素材の良さが決めてとの事。うーむ奥深い。

焼酎は「白玉の露」ロックで。

もう少しでボトルがなくなるので次は今年の新酒。


| | コメント (0) | トラックバック (2)

泡盛

今回は泡盛です。
Ocwsh0014
娘が沖縄に旅行の際にお願いして

買ってきてもらいました。

北谷の「長老」です。

以前に九州にいた頃友人が仕事で沖縄に行くことがあり

その土産にもらったのが最初で泡盛と言えば私の

なかでは長老です。先日沖縄のライブハウスのオーナー

と知り合いそのライブハウスが北谷でったので長老の

話をしたら、今は結構地元でも手に入りにくいとの事。

沖縄も機会があれば行きたいと思ってます。

ちなみにライブハウスの名前は「MOD'S]です

| | コメント (0) | トラックバック (1)

薩摩富士

Ocrsh0013濱田酒造の「薩摩富士」です。

調べてみると、濱田酒造の発祥が。

濱田家では家内用の焼酎を造っいて

その味の評判が良かったため、明治元年、

濱田伝兵衛が製法の伝承を受け、家業としての

焼酎造りを開始したのが濱田酒造の始まりだそうです。

薩摩富士とはご存知開聞岳のこと。

何の気まぐれか家内が買って来てくれました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

しんじられなーい

いつもの居酒屋でこんなんありますが、飲んでみます?

Ocgsh0011なんや、ワイン?

なんと焼酎です。

味のほうはと言うと

焼酎の好きな方にはお勧めできません。

焼酎が好きでない人にはお勧めです。

そんな味です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »