« 美味しくないサラダ | トップページ | オバマ演説 ここがスゴイ!! (日刊ゲンダイ) - Yahoo!ニュース »

一年が経過

丁度1年前の2月1日、私は病院のベットにいました。
それから一ヶ月弱入院していました。
早いものです、もう一年が経つのですね。

一昨年11月の人間ドック度胃に癌が見つかったのです。
そのときはショックでした。
でも早期発見で初期癌と言う事でした。
父親も癌でなくなってますので遺伝もあるのかも知れませんが
今は日本人の男性は二人に一人が何らかの癌の可能性が
あるような時代ですからね。

なにしろ自分の身体にメスを入れるような事は初めてですから
検査入院の時にも間違いであって欲しいと思いましたが
間違いなく、ついに2月1日に手術室に。
胃の三分の二を摘出しました。
幸い転移もなく抗がん剤を服用する事もありませんでした。
そして今は食べる量こそ減りましたが、ほとんど以前と変わらない
生活が出来るまでになっています。お酒も呑んでます。

人生折り返し地点を過ぎこれからどういう過ごし方をするのか。
藤沢周平さんの本の帯びにこんな言葉が書かれてました。

物をふやさず、むしろ少しずつ減らし、
生きている痕跡をだんだんに消しながら、
やがてふっと消えるように生涯を終えることが出来たら
しあわせだろうと時どき夢想する。


そういえば父親が死ぬ前に庭で年賀状を燃やしていた
そんなことを思い出した。




|

« 美味しくないサラダ | トップページ | オバマ演説 ここがスゴイ!! (日刊ゲンダイ) - Yahoo!ニュース »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あし@から来ました。
初期発見でよかったですね。
私も胃がんではないですが
怪しい初期の細胞があり、
経過観察してますが
これが昔なら大事に至っているんだろう
なあ、と想像したら今元気でいる
ことが大変有り難く思ってしまいます...

投稿: miomio | 2008年2月 2日 (土) 23時03分

miomioさん

コメントありがとうございます。
怪しい初期の細胞が大事に至らなければ良いですね。
最近は医学や医療器具が発達して昔なら絶対見つかりそうにない物も早めに発見できるようになったみたいですね。

投稿: Hanatare | 2008年2月 3日 (日) 22時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108344/10208255

この記事へのトラックバック一覧です: 一年が経過:

« 美味しくないサラダ | トップページ | オバマ演説 ここがスゴイ!! (日刊ゲンダイ) - Yahoo!ニュース »