« 日本禁煙学会から疑問の声 タスポ導入の効果あるのか - 速報 ニュース:@nifty | トップページ | 2リットル »

藤沢周平

bookこのところ通勤時に読んでいるのが藤沢周平の小説。
今は「橋ものがたり」を読んでいます。

ところが自宅から会社までが近いと言うのはこれまでは
メリットだと感じていたのですが読書ということからすれば
デメリットなんです。
最初のJRは新快速で一駅、地下鉄は3駅です。
どちらも数分程度の乗車です。

読書をする時間が足りないんです。
(だったら自宅で読め!って突っ込みたくなりますが)
そんなもんで1冊読み終わるのに1週間余りを費やしてます。

bookそんなことはさておき
読んでいて江戸時代の様々な人間模様が描かれている事に
感心しています。
どこからこういった発想とかストーリーが生まれてくるのかな
と思ってしまいます。勿論小説家なので当然かも知れませんが。

bookふとこんなことを考えてしまいました。
きっと彼の頭の中には江戸時代の街が出来ていて
その中に小説に出てくる人達が毎日暮らしているんだと。
で、その中の人物一人ずつ主人公に物語がある。
それを発表しているんだと。

book「橋ものがたり」
約束
小ぬか雨
思い違い
赤い夕日
小さな橋で
氷雨降る
殺すな
まぼろしの橋
吹く風は秋
川霧

|

« 日本禁煙学会から疑問の声 タスポ導入の効果あるのか - 速報 ニュース:@nifty | トップページ | 2リットル »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

私目は、市井もの、武家もの(特に海坂藩もの)はどれも大好きですが、歴史ものはやや苦手で、読み残しているのはそのジャンルが多いですかね。とにかくこれはというものは読みました。
今から読めるなんて幸せじゃないですか、なんて私が言える数少ない作家です。
5-6分のバスじゃ読めないので、やっぱり電車ですが、地下鉄で20分程度。なかなか読み進めないのはご同様です。このごろは帰りに本に熱中していて乗り越すなんてこと、なくなりましたねえ。前はよくやったもんです。
長編の小説だと、乗ってくると夜寝る前に読みますが、夜はほかの事をしがちでなかなか読めないもんです。

投稿: kikuy1113 | 2008年3月23日 (日) 18時00分

kikuy1113さん

最近はありませんが昔はついつい読みふけって気が付くと空が白み始めるなんて事もありました。
今はそんな元気はありませんが。

投稿: Hanatare | 2008年3月24日 (月) 22時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108344/11696363

この記事へのトラックバック一覧です: 藤沢周平:

« 日本禁煙学会から疑問の声 タスポ導入の効果あるのか - 速報 ニュース:@nifty | トップページ | 2リットル »