« 島らっきょ | トップページ | 本日の出目は? »

明日への遺言

以前の記事はこちら

昨日やっと観てきました。
まず観客は40から60代の夫婦が非常に目立ちました。
50を越えると一人1000円てこともあるし。

映画は1時間50分、ほとんどが法廷のシーンです。
また、大半字幕が流れています。
戦犯裁判のシーンですが検察官、弁護士、裁判官
みんなアメリカ人のためせりふは当然英語です。

**story**
第二次世界大戦後、B級戦犯として戦犯裁判にかけられた
岡田資(たすく)中将(藤田まこと)。
傍聴席にはたった一人でこの「法戦」に挑み続ける彼を
毎日見守り続ける妻(富司純子)と家族たちがいた。
そして岡田の凛とした佇まい、豊な人間性が多くの人の
心を揺り動かし始める。**CINEMA NEWS**

戦争を知らない世代が(自分も含め)みても戦争の現実と
主人公の戦う姿に心動かされるものがあった。

|

« 島らっきょ | トップページ | 本日の出目は? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108344/11111009

この記事へのトラックバック一覧です: 明日への遺言:

» 愛国心を育てる名言 [愛国心を育てる名言]
今の日本人に最も必要な歴史の学び、それをこの作品から始めて欲しい。櫻井よしこ(映画『明日への遺言』へのコメント) [続きを読む]

受信: 2008年3月10日 (月) 08時09分

« 島らっきょ | トップページ | 本日の出目は? »