« それにしてもこの猛暑 | トップページ | 暑中お見舞い申し上げます »

朝倉啓太

CHANGE最終回

いつも見てないのについ見てしまった。
今日が最終回でした。

>リアリティーのあるエンターテインメントとして、魅力的な総理大臣を演じていただけるのは木村さんしかいないと思いお願いしました」と木村拓哉の起用についてプロデューサーの後藤博幸さんは語っている。

リアリティー、あったかな?
まさに木村拓哉らしいドラマではあったけどね。

自分的にはむしろ
深津絵里 … 美山理香や寺尾 聰 … 神林正一の方がリアリティーがあったような。

色々なメッセージが番組に寄せられてるみたいだから

よく判らないけど結構な視聴率あったんでしょうね。

|

« それにしてもこの猛暑 | トップページ | 暑中お見舞い申し上げます »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

「解散か、その手があったか」ってみんなそれしかないと思うでしょ。
という話の中味についてはさておき15分以上でしょうか?ワン・シーンでカメラに向かい喋り続けるというのはTVドラマの常識破りでした。善くも悪くもキムタクだから許されたシーンでしょうね。すごいと思いました。

投稿: sugarmountain | 2008年7月15日 (火) 23時34分

sugarmontainさん

mailtoなるほど、そう言う観方もあったのですね。確かにワン・シーンでしたね。途中一寸せりふをかんでましたよね。
おかしいなって思ったんですが、ワンシーンだからなんですね。

投稿: Hanatare | 2008年7月16日 (水) 11時28分

Hanatare さん、お久しぶりですね~♪
あの番組は、夫がいつも見てましたけど、私は、
見たり、見なかったり・・・bleah
大体、キムタクのファン出ないからでしょうね~(ウフッ)

思うのですが、キムタクは、かっこいい役しか演じない
でしょうね・・・despair

投稿: ガケっぷち主婦 | 2008年7月16日 (水) 12時04分

がけっぷち主婦さん

mailtoキムタクはやはりキムタクです。
腐ってもキムタクですね。

投稿: Hanatare | 2008年7月17日 (木) 19時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108344/22297394

この記事へのトラックバック一覧です: 朝倉啓太:

« それにしてもこの猛暑 | トップページ | 暑中お見舞い申し上げます »