« 図書館 | トップページ | パソコンの次はテレビや »

蜜謀(藤沢周平)

book蜜謀を読み終わった。

ここ半年ほど藤沢周平ばかりを読んでいる。
時代物や市井物が多かったのだが今回は歴史物。

最初は少しこれまでのようにすっと入れなかったが、
何時の間にか夢中になって読んでいた。

最後に印象的な文章が、、、、。

「天下人の座に座るには、自信欲望に首までつかって恥じず
人の心に棲む欲望を自在に操る事に長けている家康のような
人物こそふさわしい」

これって今の政治家、または事業家(社長)も同じような事が
いえるのではないだろうか。勿論そうではない人も多いと思うが。
結局人の欲望は今も昔も変わってないという事だろうか。

あとがきの解説に
上杉景勝を倒すために東下した家康の大軍が、石田三成の
挙兵を知って、会津の近くまで迫りながら引き返した折、謙信
以来の精強を誇る上杉軍団が追撃しようとしなかったことに
かねて疑問を感じていた、、、。
彼(藤沢周平)にとって歴史の謎の一つだった。

というのを読んでなるほどと納得でした。


|

« 図書館 | トップページ | パソコンの次はテレビや »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108344/22630466

この記事へのトラックバック一覧です: 蜜謀(藤沢周平):

« 図書館 | トップページ | パソコンの次はテレビや »