« 事故米転売:鹿児島県酒造協組が国への賠償提訴検討 - 毎日jp(毎日新聞) | トップページ | ちょいと油断してしまった。 »

別れのメール

先日退職される職場の方からメールを頂きました。
仲間が去ってゆくのは寂しい事です。
まして初秋の時期はことさら身にしみてきます。

振り返るとこれまで頂いたメールが沢山あります。
ちょうど職場のパソコンを新しくするのにデーターを整理していたら
これまでの退職された方々のメールがあったので紹介させて頂きます。
※勿論、個人を特定するような箇所はカットさせてもらいます。

shine素敵な仲間に幸多かれと!

mail
突然ではありますが、○○をもって退職する事になりました。
  昭和○○年の○○営業所を振り出しに、○○、○、○○、本社、○○、○○、
○○と○○年間、多くの方々と出会い、楽しく仕事が出来た事に感謝しています。
 特に○○時代は立上げから、全国行脚等大変でしたが、自分の中では大きな
○○年間でした。本社の○○課時代は、ちょうど会社も変革期で、色々なプロジェクト
に参加でき、皆さんの記憶に薄い1年間の限定部署:○○委員会でも貴重な
体験が出来たと思っております。
 現場に戻ってから、それまでの経験を十分に生かし切れず、会社にあまり貢献
出来なかったのが、少し心残りではあります。
 2年前に父を亡くし、母の看病をしなくてはならない環境になり、○○に転勤
しましたが、色々な面で融通が利かなくなりモチベーションを向上させる事が
難しくなってきたのも事実でした。
 それ以外に諸々の環境の変化があり、地元(○○)での定住を考え、
以前より将来的に考えていた商売を始める準備をするに至りました。

mail
お疲れ様です。○○の○○です。突然のメール、何卒ご容赦下さい。
この度一身上の都合により、○○付けで退職することとなりました。出社は
明日○○までとなります。皆様には本当にお世話になりました。

短いようで長いような、楽しくもあり厳しくもあった○○年2ヶ月でした。拠点では
○○、○○、○○、本社、○○と渡り、また○○課を皮切りに営業、
支店・本社○○、○○、○○・・・と、「売上最大化」から「債権圧縮化」まで
多岐に及ぶ経験が出来たのは本当に貴重でした。
またそれぞれの部署でお世話になった方々の多いこと!数々の出会いや
経験が自分にとってこれからも財産となり、次のステップにつながるのは
間違いありません。
なお現在の担当店業務は、暫定的にですが、○○様は○○セールス、
○○様は○○セールス、○○様は○○セールス、○○様は
○○セールスとなります。ご連絡、お問合せは各セールスまでお願いします。
本来ならば直接ご挨拶差し上げたいところですが、このメールにて代えさせて
いただきます。どうかお許し下さい。
皆様とまたどこかでお会いできることを楽しみにしております。
最後に、心より御礼申し上げます。どうもありがとうございました。

mail
 まずは錆付いた感性を再度磨き直し、しばらくは他業種での修行を考えて
います。その後業態は決定していませんが、店舗経営を目指します。
PS.○○~○○まで有休消化(入社以来初めて)でお休みを戴く予定です。
   今月は○○迄、最終出社は○○となります。
   本社等ご挨拶に行く予定ですので、その際は宜しくお願い致します。
     直接お会い出来ない方々にはメールで失礼致します。
   色々とお世話になり有難うございました。

mail
お疲れさまです。

私事のご報告ですが、この度、来年の○○付にて退職することとなりました。
出社は○○で最終となります。

入社以来、皆様には公私共に大変お世話になり、ありがとうございました。
いろいろとご迷惑をお掛けした部分もあるかと思います。
この場をおかりしてお詫び申しあげます。
私が○○で約○○年も働き続けてこれたのは
厳しくも優しい上司、先輩方、仲の良い同期、また可愛い後輩に恵まれたからこそです。
つらいこともありましたが、今は楽しいことばかり思い出します。

今後の予定はまだ決めていませんが、経理や労務の勉強をするか、
それとも全く違う勉強をするか、
これから体調回復させながらゆっくり考えようと思います。

甚だ簡単ではございますが、
皆様方のご健康と今後のご活躍をお祈りして、ご挨拶とさせて頂きます。

私は会社から去りますが、変わらずお付き合いいただけると有難いです。
どうもありがとうございました。

mail
 お疲れさまです。

 突然ではありますが、このたび一身上の事情で退職することとなりました。

 ○○営業所を振り出しに○○年強の間、いろいろな場所で、いろいろな皆様と一緒に仕事や
 その他いろいろなことでご一緒させていただき、まことにありがとうございました。

 ○○日付けでの退職となりますが、最終出社は○○日の予定です。本来ならお会いして
 ご挨拶を申し上げたいところですが、遠方のかたも多いため失礼ながらメールを差し上げました。

 退職後は今のところ未定ですが、どこかでお会いすることがありましたら、お声をお掛け下さい。

 長い間、本当にお世話になりました。ありがとうございました。

 寒さが厳しくなってきましたので、お体にはご自愛下さい。


mail
お疲れ様です。一部の方には大変ご無沙汰しております。
この度私、一身上の都合により、○○付をもちまして
退職させていただくこととなりました。(○○が最終出勤日となります)
○○年の○○に始まり、○○~○○C~○○課~
○○~○○~○○~○○と経験する中で
大変多くの方にお世話になってまいりました。
あらためて御礼申し上げます。
(ご挨拶すべき方に洩れがあったり、誤って無関係の方に
 メールが届いていましたらお詫びいたします)
今後につきましては未定ですが、焦らず時間をかけて次の
方向性を決めたいと考えています。
最後になりましたが、これからの○○の発展と皆様の
ご健勝をお祈りしております。

mail
まだご報告としては早いかもしれませんが、
この度、一身上の都合により○○日をもって退社させて頂く事になりました。

先ずは今回の対処に関し、上長をはじめ人事系の方々やいろいろな関係の方からのご鞭撻やお計らいを賜
り心より御礼申上げます。
また私の周りの方も、この何ヶ月から非常にご迷惑ご心配をおかけしましてお詫び申上げます。
同時に退社するに対しても、周りの方に更にご迷惑をおかけしますがお許し下さい。
更に上の方にも今、会社が大事な時なのにお騒がせして本当に申し訳なく思っております。

昨年より会社に於ける自己の役割とその存在に悩んでいたところに家庭問題が加わり、自己の中で
もうどうにも解決できないと思える処まで悩み、また仕事と家庭問題の頭の棲み分けがどうしても測れず
「これ以上ご迷惑をかけられない」「今とれる道はこれしかない」と決断し今回の退職になりました。
とにかく、なにもかも疲れました。この事は一人人間として非常に恥ずかしいと痛感しています。
この1年間で病気でもないのに体重も20kgも減りました。お腹は空くが喉を通らない日が多くありました。

入社後、○○営業所、○○営業所、○○、○○営業部をへて○○営業部配属と
なり、間に右頚腫瘍のため半年休業していたのに在職させて頂き、○○年弱の月日を○○で働かさせて頂
きました。少しでもお役に立ちましたでしょうか?。
私はよく「木を見て森を見ない」と言われておりました。その時々廻りの方々に助けられたからこそ今日
まで仕事ができたと皆様に感謝しております。

今後の事(仕事)に関しましてどうするか考える心のゆとりは、今はありません。
私も○○歳のため社会で容易に受け入れられないのも判っていますが、退社後まずは諸々に対し最低限のけ
じめを付け、ゆっくり考えるしかないと自分に言い聞かせるつもりです。

本当にありがとうございました。あと1週間(出勤はもっと少なくなりますが)は出社させてください。
本社の方には最終日にお詫びとご挨拶をさせてください。
私は○○に入社でき働けた事を感謝しております。皆様ががんばっている中、挫折して申し訳ありませ
ん。
今後の皆様のご努力によって会社を更に発展していく事を、将来も望みます。

最後にお忙しい中、この様な不愉快なメールを送って誠に申し訳ありません。 

mail
 私こと、○○月○○日をもちまして、定年退職いたすことになりました。
 在職中は、ひとかたならぬご支援、ご厚情を賜り、厚くお礼申し上げます。
 本来、お目にかかってご挨拶いたすべきところ、本メールにてご案内の失礼をお許し下さい。
 今後のますますのご活躍と、ご健勝を祈念しております。

 ありがとうございました。

 

mail
お疲れ様です。
○○の○○です。突然のメール、ご容赦下さい。
私事で恐縮なのですが、この度一身上の都合により、○○付けで退職することとなりました。
出社は○○までとなります。

今年の春で勤続○○年となり、単身赴任も○○年目に突入ましたが、
将来の事をいろいろと考えた結果、こういう結論に達しました。

皆様には本当にお世話になりました。心より御礼申し上げます。
本来は皆さん全員に直接ご挨拶すべきところなのですが、このメールでご挨拶に代えさせていただきます。
どうかご容赦ください。

なお現在の○○の担当業務は、○○に引き継ぎます。
○○以降のご連絡、お問合せは ○○までお願いします。
メールに関しては、○○へも送信をお願いします。

皆様のご健康とご発展とご多幸を心からお祈りしております。

mail
突然ですが、このたび退職することとなりました。                           
今後の出社日ですが、○○にて最終となります。                        

多くの皆様に、お世話になった気持ちは、本当に言葉では表現できません。                        
お会いでき、いっしょに仕事をさせて頂いたこと、心から感謝いたします。                           

今後は、新たなフィールドで活躍できるよう自分の強みをいかし、前進していきたい思います。                           

なお、後任ですが、○○課長&○○主任にて引継ぎさせて頂きましたので、よろしくお願い致します。                        

最後に。。。 またどこかで、お会いすることがあったら、その時はよろしくお願い致します。                   
                                        本当にありがとうございました。   


mail
お世話になった皆様方へ

お疲れさまです。
メールでの挨拶で恐縮ですが、○○月末日をもちまして退職することになりました。
入社して○○年○○ヶ月皆々様方にお世話になり誠に有難うございました。
上司の方々、先輩方には恵まれ、仕事の環境も良く、
ここまでやってくることが出来ました。
様々なご支援、助言をいただき本当に有難うございました。
皆様方には感謝しております。

今後は、新たな世界で更なる飛躍を目指し頑張っていきたいと思います。
皆様とは、今後ともお付き合いをさせていただければと思っております。
非常に充実した○○年間でした。
心より御礼申し上げます。
最後になりましたが、今後の皆様の益々のご活躍を心よりお祈り申し上げます。

mail
おつかれさまです。

皆様に突然のメール失礼いたします。
私事ですが、○○付をもってこの度退職することとなりました。
(○○が最終出社となります)

○○年に右も左もわからない世間知らずの自分が入社して、早○○年弱となりました。
(○○で○○年半、○○、○○)
今年、○○歳という自分の中でのターニングポイントを以前から意識をしてきて、
もう一度の中で「挑戦」してみたいという気持ちに駆られました。

・新たなフィールドで自分を試してみたい
・インドに必ず行く(ガンジスをもう一度拝む)

という2つが常に頭の中を泳いでいました。
何か自分でかわらないとという意識に駆られ、今回決断をしました。
○○でも新たなフィールドで試すというのは、もちろんできたはずでしたが、
違うフィールドで試すのもありかと決意しました。

まずは、周りの方に恵まれたことに本当に感謝いたします。

自分のような若輩者(おばかさん)に仕事をこと細かく丁寧に教えてくださいました皆様
仕事の愚痴を言いながらも、すばらしい言葉をかけていただきやる気をさらにおこさせていただいた皆様
飲みに行くことに誘っていただき、アホをいっしょにしていただいた皆様
立場が全然違うのに、立場としてのすばらしいアドバイスをいただき勉強させていただいた皆様
プライベートの相談をネタに相談にのってくれた(結婚を心配してくれた)皆様

このようなことをしていただいた環境に自分は本当に恵まれていました。
正直、このような環境から離れるのは辛いのは事実ですが、
ここから旅立つのも自分にとっての試練(プラス)と考えました。

これで皆様と会えなくなるとは全く思ってもいません。
ここで出会ったのも一生の限られた時間の中での唯一のめぐり合わせです。

○○歳になり、2つの目標は達成したので新たな目標に向かって努力し、
また皆様の中で「濃いキャラ」として、脳裏に焼き付けれる存在になれるように
がむしゃらに動いていこうと思います。

それでは書くときりがないので、会った時に話します。
(話すともっと長いですが)

最後に一言、自分の中での好きな言葉
「一生勉強 一生青春」

自分は、引き続き○○に住むことになります。
ので、お立ち寄りの際は御連絡いただければ幸いです。



mail
お疲れ様です。
私事で恐縮ですが、○○で退職させて頂くことになりました。

今後は、新たな業界へチャレンジしていこうと思っております。

約○○年間、皆様には、ご迷惑おかけしたこも多々ありましたが、
ご指導頂き大変お世話になりました。
○○での良き経験を活かして、今後も頑張っていきたいと思います。

お仕事で、ご一緒して頂いた方、またお仕事に関係なく気軽に声をかけて頂き
仲良くして下さった方、このご縁に心から感謝いたします。

最後に皆様のご健康と今後の変わらぬご活躍をお祈り申し上げます。
本当にありがとうございました!

尚、最終出社日は、○○となります。
残り2週間くらいになりますが、どうぞ宜しくお願い致します。


mail
猛暑お見舞い申し上げます。

 今年は厳しい暑さの連続で「20○○年の夏」は、
       処暑を過ぎても なぜかまだ、
       別れを惜しむかのように 終わりを告げない。

 走り~歩き続けてもう、○○年の歳月が経過。
 永いような、短かったような でも自分にとっては
 ○○年間の全てが、想い出に残る貴重な時間だった。

 出逢えた ”すべての友”に ・・・

   心から感謝の気持ちを込めて、本当にありがとう!
   そして、数々の素晴らしい想い出を、ありがとう!

  「20○○年○○月○○日、 退職します。」

  

  新たな岐路に立ち向かい、また一歩を踏み出します。

  今後の会社の発展と、

    ”一丸となった全社員の、健闘を祈りながら ・・・!”

mail
初秋の候

 ○○日をもって退社することになりました。
振り返ると、昭和○○年入社して、○○年間の歳月が経ちました。

 今日まで至るには、皆様のご支援、ご協力があって、なんとか辿り着く事が
出来ました。

 心より、感謝、感謝の気持ちで一杯です。

 そして素晴しい仲間に出逢うことが出来、本当に幸せな男だと
感じております。

 今後、皆様のご活躍と、健勝を祈念しております。

 長い間、大変お世話になりました。

 有難う御座います。

 有難う。

                                      

mail
お疲れ様です。

この度、○○月末をもって退職することとなりました。
本日最終出勤の為、メールさせていただきました。

○○では、色々な経験をさせていただき感謝しております。
また、急な事情に関わらず迅速に対応していただきました事
心から感謝いたします。ありがとうございました。

今後は、家業であります ファーマー(農家)を継ぐ形でございます。
全く違った土壌になりますが、○○の経験が必ず役に立つと思っております。

皆様もご健康には十分お気をつけていただきましていただきますよう節に願います。
本当にありがとうございました。


mail
  ご多忙の中、私事で失礼します
  突然、且つ唐突に申し上げますこと、了解願います。

  勤務を○○までとして、「退職させていただきます」、
  ○○歳を機に、生活の基盤を○○から故郷○○へ移し、○○年間の単身生活の
  区切りにしたいと考えました。
  自分なりに熟慮を重ねた結果であります。

  ○○の中途採用からのスタートで、○○年間勤務できましたことについて、
  「○○には心から感謝しております」。 
  多くの方々にお世話になり、支えられ今日まで来ることができました。
  又、沢山の方々に出会えましたこと、重ねて感謝しております。  
  ○○がこれからも益々繁栄されますことを真に願ってます。

  今後は、田舎で折り返しの人生を頑張るつもりです。
  ○○へお越しの機会が有りましたら、是非お声をかけてください、
  おいしいお酒と肴を用意してお待ちしております。
  取急ぎご報告まで。

  ありがとうございました!。


mail
 この度○○日を以って退職することになりました。皆様には公私にわたり一方ならぬご厚情を賜りましたことを、
心より感謝いたしております。本来ならば皆様それぞれに御挨拶差し上げたい所ですがそれもかないませんので、
略儀ながらメールにて御挨拶申し上げます。
 翌○○日より株式会社○○会社にて○○の仕事に従事することになっております。
全くの異業種への挑戦ということもあり、不安もありますが新しい職場におきましても、
皆様からいただいたご指導、ご鞭撻のお言葉を思い出しながら、頑張っていく所存です。
今後ともご指導頂けます様、よろしくお願い致します。
本当にありがとうございました。


mail
○○年になりました。○○をもち退社します。
健康に留意され益々のご活躍祈念いたします。有難うございました。
無理をせず、楽しい人生を送りたいですね。


mail
この時期になって夏の様な日差しが続いていますこの頃です。
さて、私ことこの○○日を持ちまして定年退職を迎える事になりました。
皆様には、公私共々大変にお世話になり深く感謝致しております。
入社以来○○年の永きの間いろんな事を改めて思い起こします。
また、いろんな方のお顔が浮ばれて来ます。
寂しい気持ちで一杯でありますが、これも宿命でこれから一層次の人生に臨んでまいります。
お一人お一人とお会いしてご挨拶申し上げたい所ですがままならず社内メールにて失礼致します。
皆様のご健康とご活躍を心より念じながらご挨拶とさせて頂きます。
本当に有り難う御座いました。


皆さんのその後の検討を祈ってます。



|

« 事故米転売:鹿児島県酒造協組が国への賠償提訴検討 - 毎日jp(毎日新聞) | トップページ | ちょいと油断してしまった。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

退職の挨拶にも、それなりにヴァラエティがあるものですね。自分のときを思い出して、なんだか懐かしいような感慨にとらわれました。
とはいえ、自分はどのタイプだったろうかと思ってもう一度眺めてみましたが、ここに載せられているものには、似たようなのがありませんでした。
(私は実際はこのようなものはしたためませんで、書いたとすれば、というあくまで仮定に基づいています。あえて言うとすると、30年ほども勤めた会社を辞めるってのはこんなに簡単なことなのか、ということと、ある強い感情にほとんど支配されていて、とてもじゃないが感謝の念なんてものはこれっぽっちも湧いてこなかったってことでしょうか。)
cd

投稿: kikuy1113 | 2008年9月20日 (土) 00時11分

kikuy1113さん

なんだかあまり思い出したくない想い出を呼び覚ましたようですいませんでした。

投稿: Hanatare | 2008年9月20日 (土) 22時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108344/23862859

この記事へのトラックバック一覧です: 別れのメール:

« 事故米転売:鹿児島県酒造協組が国への賠償提訴検討 - 毎日jp(毎日新聞) | トップページ | ちょいと油断してしまった。 »