« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

簡単スモーク

簡単スモークに挑戦

用意するもの
中華鍋、網、チップ、塩さば

まずは中華鍋の底にアルミホールにチップをいれる。
そして網を中華鍋に入れてその上に塩さばを置く。
そしてふたをしてガスに火をつける。
P1030900








火はあまり強火にすると煙が多くなります。
換気扇は最大で回して火は弱火にすると煙も少なくなります。

P1030901








少しあめ色が付いてきました。
P1030903






これで完成です。
一時間ほど置いた方が美味しく頂けます。

うーん、でも家庭内ではどうしても煙が気になります。
出来ることなら屋外でチャレンジください。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

大阪センチュリー交響楽団

27日でした。
何故かクラシックに縁の無い私がコンサートに。
Photo














カミさんの付き合いで行くことになったんです。
でそのカミさんはこれも付き合いでチケットを頂いた
とまあそんな訳で福島のザ・シンフォニーホールに出かけました。

指揮・・沼尻竜典
ラヴェル:優雅で感傷的な円舞曲

ディティユー:チェロ協奏曲「はるかなる遠い国へ」
  チェロ タチアナ・ヴァシリエヴァ

ドビッシー:カンタータ「放蕩息子」<日本語字幕付>
  ソプラノ:浜田理恵
  テノール:吉田浩之
  バリトン:河野克典

以前だったら多分途中で退屈で我慢できなかったと思うのですが
わりと興味しんしんで最期まで聞いていました。
・・・これも年のせいかなぁなんて思ったりして。
かたや、カミさんは途中で何度もおおきなあくびを、、、。
でも彼女のなんにでも参加する精神には感服します。
29日にも今度はジャズのコンサートに行ってます。

でシンフォニーホールを出て、この日の私の目的である場所に。

それは福島にあるおでん屋さんです。
はなくじら」という美味しいおでん屋があるので来ました。
当日雨でしたが店の前には入りきらずに待っている人もあり
私達も少し待ってからやっと入れました。

この時期はやはりおでんと熱燗がよろしいようで。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

最近書いてなかったなぁ

今年になって振り返ってみると

あまり絵を書いてなかったなぁとふと思った。
久々に書いて見たい衝動に駆られて書きました。
Bazara















新薬師寺を訪れた時十二神将のひとりで
BAZARA大将です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仕事と休みの間

最近職場で感じる事があります。

仕事以外の人間関係が以前より希薄になってるような気がする。
その理由のひとつがこれかな、と言うことを感じたんです。
それはもうすぐ一年になるのですが職場の禁煙化です。

以前なら喫煙スペースに喫煙者が集まってコーヒーを飲んだり
新聞を読んだり、中には仕事を持ち込んだりして結構常時人が
集まってることが多かった。
その際に仕事以外の遊びの話や、家族の話やなんかを話しながら
その中から仕事以外のその人の側面を発見したり、遊びの情報を
知ったりしていた。

タバコを吸う時間と言うのはどんな時間かというと仕事でもないし、
休憩でもない(仕事の話もすると言う点で)、そうちょうど仕事と
休憩の間の極めて中途半端な時間なのです。
ですから喫煙者も大っぴらに喫煙していました。

ところが現在は喫煙する場合は建物から出て、野外の喫煙場所
まで行かないとだめなんです。

ですから職場ではほとんど仕事の話しか聞こえて来ません。
以前の喫煙スペースは自動販売機がありテーブルもあって
休憩や歓談ができる環境ではあるのですが、ほとんど人が
集まってることはなくなりました。

職場の空気はきれいになりましたが、少し寂しさを感じます。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

サザンオールスターズ

私が会社に入社して広島に配属になった年だったと思う。
広島には五年ほど居て、その後高松に移動になるまでの間に
サザンのデビューだったと記憶している。
その頃は他に記憶ではピンクレディやアバ、YMOなどが思い出す。
サザンの「勝手にシンドバット」というこのタイトルが強烈に印象にある。
あれから常に音楽の最前線にいて楽しませてくれてありがとう。

コネタマ参加中: サザンの名曲、あなたの思い出の1曲は?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

憑神 浅田次郎

憑神 (新潮文庫)

      

買ったきっかけ:
浅田次郎の作品に最近はまってます。

感想:
幕末の御徒士を舞台にした物語である。
物語によっては最初なんかとっつき難いものもあるが、その点
これはすーっと入っていけた。
主人公の彦四郎が間違いか、事の弾みか土手下の祠に手を合わせたことから
物語は始まる。
長年続いた江戸時代が終焉を迎えて明治に変わろうとする時代の中で
主人公の居場所探しとでも言える小説である。
その時代が妙に現代にあてはめてもしっくり来るのである。
例えば疫病神の言葉に
「わしら神の目から見れば、人の世は興行でごんす。戦国の世にしたところで
、抜け駆けなぞは褒めた話ではないと言う事をご存じか。ましてや天下泰平の
世の中でおまえ様のように何でも律儀になそうとすれば、他の者の立つ瀬が
のうなる。おまえ様はその律儀さゆえに、みずから不運を招いてしもうた」
これは現代のサラリーマンにも同じことが言えるような気がする。

主人公の彦四郎の身分は御徒士といって戦いの場では将軍の影武者の役目も
負っていたと言う。
先祖伝来の役目を全うする為に苦悩する主人公、肝心の将軍様(慶喜)は
鳥羽伏見の戦いに負け、江戸城に逃げ帰ってしまった。

おすすめポイント:
生きる目的、生きる幸せとは何かを考えさせられるが物語りはそれ程重い
ことはなく、気が付けばあっという間に読み終わってしまうくらいに
引き込まれる。

憑神 (新潮文庫)

著者:浅田 次郎

憑神 (新潮文庫)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士フイルム:ブログ編集充実デジカメ発売 - 毎日jp(毎日新聞)

リンク: 富士フイルム:ブログ編集充実デジカメ発売 - 毎日jp(毎日新聞).

デジカメもある程度行き渡ると売れ行きも鈍るため色々考えてきますね。
機能を工夫するか、高級化のデジイチにするか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

晩秋の奈良その③

これは何だと思いますか?
P1030799
















そうなんです、鹿が皮を食べるのを防ぐためです。
P1030807







P1030798















なかなか洒落たウインドウです。
P1030812







途中で新しく継いだ箇所が見えますか。
P1030820







ここらでちょっと一休みです。
二月堂の茶処「龍美堂」で休憩。
P1030829
















P1030838







P1030833






暮れなずむ空
P1030851







P1030860







いよいよ最期の「打ち上げ」
P1030870







ほろ酔い機嫌で帰路に
P1030885














最期にライトアップされた五重搭でおしまい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

晩秋の奈良その②

新薬師寺
P1030744







中々趣のあるところです。
P1030749







新薬師寺は聖武天皇眼病平癒祈願のため、天平19年(747)に
光明皇后によって建立され、新薬師寺の「新」は「あたらしい」ではなく
「あらたかな」という意味だそうです。
薬師如来坐像もさることながら、十二神将にすっかり見入りました。

十二神将とはえとの仏様で12体の像が剣を持ち、あるいは矢を持って
円形に須弥壇上に。
P1030755
















その後春日大社に向かって散策。
P1030758








途中であったワンちゃんです。
P1030777







ここでも紅葉がすばらしい。
P1030782







P1030785







ならといえば鹿ですね。
P1030793







P1030794







若草山をバックにまるで花札の世界のような写真です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

晩秋の奈良その①

朝興福寺の五重塔を出発
まずは奈良ホテルに
P1030713







歴史を感じるつくりでちょっと中も見学だけ
その後
P1030714















奈良の市内を歩いて奈良教育大学へ向かう
じつはここに新薬師寺旧境内遺跡が、一般公開。
P1030726







P1030728







P1030733







途中紅葉なども愛でながら
P1030718







奈良町の風情も楽しみながら
P1030716







新薬師寺へと
P1030739







| | コメント (0) | トラックバック (0)

寒くなると美味しいものは

このところの冷え込みで恋しくなるものは

熱燗ですね。焼酎ならお湯割りです。
普段あまり日本酒は飲まないのですがこの冷え込みでついつい
日本酒が飲みたくなりました。
ちょうど数日前に娘がくれたのがあった事を思い出して熱燗で。
P1030709







日本酒ですが「ひれ酒」でした。


おやすみなさい。gawk

| | コメント (0) | トラックバック (0)

急に寒くなってきました。

このところ急に冬の気配を感じるようになって来ました。
毎朝の通勤の街路樹も色づきはじめました。

ようく見ると左側の落ち葉は「赤色」
右側の落ち葉は「黄色」
赤色の落ち葉の木は「ハナミズキ」で
黄色の落ち葉の木は「サクラ」でした。

でもなんで落ち葉の色が違うんでしょう?
不思議に思って調べて見ました。

まず、なんで紅葉するんだろうか?

秋から冬にかけて、気温が下がるにつれ、樹木は根から水分を吸収する作用が衰えます。 この状態のまま、通常通りに葉から水分を発散すると樹木は枯れてしまうので、葉と茎の付 け根の部分にある“離層”と呼ばれている組織がコルク状に変化し、葉と茎の間で
水や養分 の流れを少なくします。葉では光合成によって糖分やデンプンを作っていますが、“離層” がコルク状になってしまうと、これらが茎や枝、幹に流れなくなり、どんどん蓄積されてし まいます。そこで蓄積された糖分は酵素の働きによって、赤や黄色になる色素になっていき ます。そして、葉の緑を形成している“クロロフィル”という物質が、紫外線やアミノ酸な どによって分解されると緑の色素が減少し、赤や黄色の色素が目立ってきます。これにより、 葉が緑から赤や黄色へと変化していくように見え、紅葉するわけです。

と言うことだそうです。

では色が様々あるのはどうしてなんだろう?

酵素の働きによって糖分が色素に変化するわけですが、このとき、変化した色素の量によって紅葉する色の違いが生じます。

      ・赤く紅葉する葉が作る色素…“アントシアン
      ・黄色く紅葉する葉が作る色素…“カロチノイド
      ・褐色に紅葉する葉が作る色素…“フロバフェン

という事なんだそうです。

そろそろ今週末は紅葉を観に出かけるとするかな。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっと寂しい

昨日無事に式が終了しました。
Mg3









天気予報では雨模様でしたがなんとか降らずに終了しました。
Vrjinroad












これが当日歩いたバージンロードです。

Mg4












沢山の人に祝福されて無事に終了しました。

Niku






披露宴も終わり、翌日の今日
今頃は機上の二人です。

幸多かれと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ネットで立ち読み?

リンク: 雑誌そのまま、ネットで読める - 雑誌オンライン.COM.

なんと雑誌の立ち読みが出来るんですって。
なんだすごい時代ですね、暇な時に良いですね。
雑誌だと写真なども多く疲れないので良いかも知れませんね。

どうも画面で字を読むのは目が疲れます。
青空文庫などもいいのですがどうも長く読んでいるのは苦手です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バージンロード

今日はこれから出かけます。

実は今日バージンロードを歩くのです。
朝からあわただしく準備をして、カミさん達を駅まで送り
自分の準備を終えて出かける前なんです。

なんとかお天気もまだ大丈夫みたいです。

それでは私も出かけてまいります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Warner、“360”契約をアーティストに義務化―メジャー・レーベルも音楽の無料化に備え始めた

リンク: Warner、“360”契約をアーティストに義務化―メジャー・レーベルも音楽の無料化に備え始めた.

私の関係する業界だけに結構インパクトのある記事です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[1]iPhoneとAndroidが突きつける“国内産業空洞化”の最悪シナリオ:ITpro

リンク: [1]iPhoneとAndroidが突きつける“国内産業空洞化”の最悪シナリオ:ITpro.

頭のいい人はいろいろとかんがえてますなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダッチオーブンで焼き芋

昨日カミさんが知り合いの畑で芋ほりをしてきました。

今日ホームセンターで園芸用の小石を買ってきました。

それで出来たのがダッチオーブンの石焼芋でした。

それは、それは美味しい焼き芋でした。
P1030547







ついでに大根をアルミホイールで包んで一緒に
P1030549







これも最高でした

| | コメント (2) | トラックバック (0)

鉄道員(ぽっぽや)

book

鉄道員(ぽっぽや)/ラブ・レター (講談社文庫)

      

買ったきっかけ:
お腹召しませを読んでもっと他の作品を読みたくなって。

感想:
最初はもう少し長い作品かと思っていた。
題名は映画で(観てないが)知っていたが主人公が確か映画では高倉健さんが演じていたと思うが、まさにぴったりと言う気がする。
主人公のような一徹な人間がだんだん少なくなってきているんだと思う。

これ以外もすべて素敵な作品ばかり。

おすすめポイント:
涙腺のゆるい方はハンカチの用意をして呼んでください。

鉄道員(ぽっぽや)/ラブ・レター (講談社文庫)

著者:浅田 次郎,ながやす 巧

鉄道員(ぽっぽや)/ラブ・レター (講談社文庫)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

<訃報>筑紫哲也さん死去 TBSニュースキャスター - 速報 ニュース:@nifty

リンク: <訃報>筑紫哲也さん死去 TBSニュースキャスター - 速報 ニュース:@nifty.

謹んでお悔やみ申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

甲虫の同性愛行為、繁殖に影響していた(ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト) - Yahoo!ニュース

リンク: 甲虫の同性愛行為、繁殖に影響していた(ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト) - Yahoo!ニュース.

いやー、面白い。
自然の成り立ちとか、現象とかとにかく意味のない事は何一つない。
そんな気がします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

(1)300日戦争~金融恐慌が後押しした劇的な勝利:NBonline(日経ビジネス オンライン)

リンク: (1)300日戦争~金融恐慌が後押しした劇的な勝利:NBonline(日経ビジネス オンライン).

ついに誕生しましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャベツまるごと

キャベツをまるごと使っての料理。
うーん、なんて男らしい料理だろうと挑戦。

本来はダッチオーブンでするところですが小さすぎて
他の鍋を使いました。

P1030484







キャベツに十字に切込みを入れてそこにベーコンを詰めます。
ジャガイモ、にんじんは皮をむかずによく洗って入れます。
ソーセージなども入れて水を野菜が浸かるくらい入れて
コンソメと香草を加えて後は煮るだけ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

小室哲哉容疑者:さらに3000万円要求…楽曲の見返りに - 毎日jp(毎日新聞)

リンク: 小室哲哉容疑者:さらに3000万円要求…楽曲の見返りに - 毎日jp(毎日新聞).

毎日のようにニュースで目にしますが一般庶民の我々からすれば
とても理解がしがたい事ばかりです。
人間と言うのは収入があれば有るほどそれなりの支出もあるのでしょうか。
それが収入が減っても支出は変わらない、変えられないのでしょうね。
物欲は限りがなく、捨てきれないのしょうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ネット調査:学力テストの開示、8割が賛成 反対は2割 - 毎日jp(毎日新聞)

リンク: ネット調査:学力テストの開示、8割が賛成 反対は2割 - 毎日jp(毎日新聞).

私も開示に賛成です。
何で開示しちゃいけないのか。

先日孫の運動会でリレーがあって孫のチームが一番でした。
それで一番○○チーム、二番、、、と放送があってほっとしました。

何かで最近の運動会は順番をつけないようにみんなで手をつないで
一緒にゴールインするんだなんて言うのをきいたことがあったので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

唐辛子

rvcar
高速道路のサービスエリアで野菜の直売がありました。
P1030478








唐辛子を買ってしばらく乾燥させたのが写真です。

国産の安心して使える食品です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋のベランダ

懲りずにまたベランダで秋の野菜にチャレンジです。

植えて3日目
P1030475







1週間目
P1030480







大きく育ってくれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さざなみ街道

深まる秋を求めて琵琶湖を散策。

P1030485







瀬田の唐橋を渡り湖畔沿いの道を歩く。

P1030486







ススキの穂が秋らしい雰囲気を。

P1030495







P1030498








よく見ると湖水の水面が真っ赤に紅葉?

P1030489









水質の汚れのためか赤藻が(正式名称は知りません)

P1030500






湖畔は整備された道があり、トイレなども完備されています。

P1030499







バスフィッシングを楽しむ人達も多く、でも最近は

P1030507







キャッチアンドリリースは禁止だそうです。

P1030503







途中昼ごはんの時に喉を潤しました。

P1030508







P1030511







琵琶湖の魚たちです。

P1030515







秋らしい風景にパチリ。

P1030519







通りがかりに入った蕎麦屋でしたが美味しかったなぁ。

P1030514







まだ秋なのにもう桜は春に向かって準備中でした。・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アサギマダラ:福島→熊本1000キロ 2カ月の旅 - 毎日jp(毎日新聞)

リンク: アサギマダラ:福島→熊本1000キロ 2カ月の旅 - 毎日jp(毎日新聞).

確かに「5287」と書いてますね。
しかし1000キロも旅するなんてすごい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デジタルメモ「ポメラ」 | KING JIM

リンク: デジタルメモ「ポメラ」 | KING JIM.

少し興味を引かれたが、やはり価格的に高い。
それにもっと薄く軽くなると思う。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

天璋院篤姫

新装版 天璋院篤姫(上) (講談社文庫 (み9-7))

      

買ったきっかけ:
テレビで見ていたのですが途中から見逃すことが多くなってしまい、それならと原作を読むことに。

感想:
最近時代物、歴史小説になぜかはまり気味。
その中でも非常に読み応えのあるひとつでした。徳川の長年の歴史が大きく変わろうとしている中での運命に惹かれました。
時々思うことがあるのですが、たとえば篤姫と家定のあいだに子供が出来ていたら日本の歴史は変わっていただろうか?
島津斉彬がもう少し長生きしていたらどんなふうに歴史が動いていたのだろうか、などと思いをはせながら読書して通勤時間を楽しんでいました。

おすすめポイント:
もうすぐ終わりますがNHKのドラマと比較しながら読むと面白いのではないでしょうか。

新装版 天璋院篤姫(上) (講談社文庫 (み9-7))

著者:宮尾 登美子

新装版 天璋院篤姫(上) (講談社文庫 (み9-7))

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »