« 望年会 | トップページ | 今年も今日で終わり »

潮騒

潮騒 (新潮文庫)

      

買ったきっかけ:
買うきっかけは物語の舞台である神島、小説では歌島であるが
以前に行った事があり、それを思い出して。

感想:
映画で一部観た様な記憶があるが多分テレビでやっていたのを
部分的に観ていたのだと思う。
読んでみて以前に行った島の情景が物語とリンクしてなんだか
映画を観ているような感じで読み終わった。
物語に登場する灯台、観的硝、神社の石段などが昨日の事の
ように浮かび上がる。
読み終わって確か映画は山口百恵が主演だったと記憶している。
もし、今また映画化するのであれば初江は堀北真紀のイメージが
ぴったりのような気がした。

調べてみると過去に5回も映画化されているとの事。
そういえば吉永小百合なんかもあったようだ。

潮騒 (新潮文庫)

著者:三島 由紀夫

潮騒 (新潮文庫)

|

« 望年会 | トップページ | 今年も今日で終わり »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108344/26630394

この記事へのトラックバック一覧です: 潮騒:

« 望年会 | トップページ | 今年も今日で終わり »