« 憲法九条を世界遺産に | トップページ | 2粒>1缶 »

映画「さまよう刃」

久しぶりにカミさんが休みだったので一緒に映画を観に行くことにした。
以前から観たいといっていた「さまよう刃」だ。
原作は東野圭吾で最近カミさんがよく読んでいるようだ。
図書館に予約しても彼の本は200人待ちの状態だったりする。

朝から雨で晴れていれば多分どこかに紅葉を見に行っていたと思うが
雨と言うことでその日は映画に決まり、早速朝からチケットを買い席を
予約して帰る。
上映は夕方5時からの一回きり。
公開してから1ヶ月近くになるので観客も減ったんだろうと思っていたが
実際5時になって入ってみるとなんと100人ほどの箱に観客は4人だけ。
ほぼ貸切状態での鑑賞だった。

私は小説は読んでなかったが東野の原作と言うことで期待していた。
娘を殺された父親が殺した相手を復習するといった内容だが父親役が
寺尾聡、刑事が山野内豊、伊東四郎といった役どころ。

最近は犯罪も低年齢化している中で少年法に対する問題提起も含まれて
いるが観終わって最後になんだかもやもやが残る映画だった。

|

« 憲法九条を世界遺産に | トップページ | 2粒>1缶 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

珍しくロードショーで既に観終わっているのですが、なにせPCがダメなので、書きとめてある鑑賞記のアップが出来ません。
カミサンもワタシも低評価であることは同じでした。

投稿: kikuy1113 | 2009年11月12日 (木) 12時47分

kikuy1113さん
PC早くなおしてくださいね。sad

投稿: Hanatare | 2009年11月12日 (木) 19時33分

東野圭吾さんの作品はTVでガリレオを見ましたが
最近映画化されたということだったので、
先日初めて本を読んでみたのが、これでした。
なんだかとても重かったですね・・・
映画は見ていませんが、父親役が寺尾聡というのは
イメージに合っている気がしました。

投稿: moco | 2009年11月13日 (金) 12時07分

mocoさん
私は映画しか観てませんが恐らく本の方がいいのではないかと勝手に思ってます。

投稿: Hanatare | 2009年11月13日 (金) 13時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108344/32183454

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「さまよう刃」:

« 憲法九条を世界遺産に | トップページ | 2粒>1缶 »