« 便利かも | トップページ | なんでも鑑定団 »

夏目影二郎始末旅

 

下忍狩り (光文社文庫)

      

感想:
常盤豊後守秀信の妾腹の子、夏目瑛二郎が父の任務を影から助ける物語。薙刀を刃渡り二尺五寸三分に打ち変えた法城寺佐常を差し飼い犬のあかを連れ、菱沼喜十郎、おこまの助けを借り全国を舞台に展開するストーリーは読む者を夢中にさせる。
破牢狩り
妖怪狩り
八州狩り
鉄砲狩り
などシリーズを現在読破中。

下忍狩り (光文社文庫)

著者:佐伯 泰英

下忍狩り (光文社文庫)

|

« 便利かも | トップページ | なんでも鑑定団 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

まったく知りませんが、‘楽しい’が満点なんですね。
人気があるのにはワケがある・・・

雰囲気なんですかね、それともストーリー・テリング?

投稿: kikuy1113 | 2010年2月27日 (土) 20時13分

kikuy1113さん
シリーズ物はパターンとしては似通ったものがあり、それがある意味安心感的なものがある反面、飽きにもつながってきます。
でも何故か読み始めるとついついどっぷりと物語に浸っているんです、delicious

投稿: Hanatare | 2010年2月28日 (日) 11時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108344/33553059

この記事へのトラックバック一覧です: 夏目影二郎始末旅:

« 便利かも | トップページ | なんでも鑑定団 »