« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

にわかサポーターの結末

昨日は忙しい一日だった。
仕事から帰って、晩御飯も食べずに学校へ。
帰ってきたのが9時過ぎ、で食事して仕事の報告などをしていると
気が付いたらサッカーが、、、。

明日の朝を心配しながらサッカーの画面に
何とか眠い目をこすりながら我慢をしていると
おーっ、延長戦に突入だ。

まてよ、これを見ていると何時に終わるんだ。
眠い、ついに寝てしまった。
まーこんなもんだ、にわかサポーターだから許して!!
朝起きたらカミさんが「負けたよ!」って言っていた。
やはり、そうか。
負けた瞬間をリアルタイムで見なくて良かった。
見ていたら悔しくてそれからしばらく寝れなかったかも知れない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ついに見つけたぞ

ずーっと探していたがやっと見つけた。
いつも、覗く商品棚は「品切れ」の札が掛かりっぱなしだった。
それが期待せずに見ると並んでいたのだ。
思わず「やったー!」と心の中で叫びながら買い物籠の中へ。
しかしなんでこんなに長期品切れだったのかよくわからない。
これで「桃ラー」になれた。
桃屋の食べるラー油はこちらだ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

秀頼自刃の地

夕刊に秀頼自刃の地遺構確認と言う記事があった。
大阪夏の陣で淀殿と自刃したとされる大阪城の一角だ。

P1080538

遺構は地表から4mの深さに埋もれ落城時の火災を示す焼土層が
積もっていたそうだ。
400年弱の昔が思い起こされる。
写真は今年の花見の時に撮影したものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

にわかサポーター

見る気はなかったけど何故か目が覚めた。
時刻は4時30分、
TVを点けてみると丁度前半戦が終わったところ辺り
結果は0-0を予想していたがなんと2点取っている。
後半戦で取られて引き分けでも決勝戦進出だと
思っていたが、なんと1点は取られたが追加1点を入れて
3-1で勝った!!

今更二度寝するわけにもゆかず、こうしてブログでも
書き込んでいる。
とにかく、おめでとうジャパン。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

検討する価値あり?

現在PCの調子がいまいち、もともとそれほどのスペックのものではないが
もともとネットの為だけに購入していたのだが、少し使用範囲が広がった。
それに伴いこれでは物足りないと思い始め、新しいのを見に行った。
見ていると欲しくなるもので、ついつい本格的に購入検討モードに。

地デジは見ないと思うけどあってもいいかなぁなどと、、、。
この際光に乗り換えて、いろいろ含めてNTT電話代も含めて安くなるのは
助かる、ランニングコストが安いのは長期的に見てお得だ。
さて購入予算を何処から捻出するか、これが問題だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

練習中

木彫りの練習中です。
P1080982

彫刻刀で彫ってゆきます。

P1080981_2

まだまだです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ノンアルコール

このところ、ノンアルコールと表示されたものをいくつか試してみた。
今日も飲んだのは「休む日のAlc0.00%」と言うやつだ。
回復系アミノ酸、オルニチン400g配合と書いてある。
何種類か飲んでみたが、これなら何とかビールの代用として飲める。

何の為にかだって、それは少しダイエットをするためと肝臓を労わる
優しい心からだ。
今日で5日間ノンアルコールで過ごしている、はたして何時までこの
状態が継続できるか、まずは10日間の目標を目指して!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

不便になったぜよ

昨日PCのハードディスクの空き容量を増やそうとして
必要なさそうなものを適当に見計らってどんどん捨てた。

その結果何時もならブックマークしていた定期的に見てる
友人などのブログ、その他のお気に入りなども全てが
消えていて最初から探さなければいけない。
自分のメールさえもIDとパスワードを記憶させていたが
ほとんど忘れかけていて、全く大変な状況がしばらくは
続きそうな感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どーなんやろ、この価格

リンク: v.a.(洋楽) : 「コンパクト・ベスト」CD登場に、明日の音楽業界を占う / BARKS ニュース.

何でもかんでもワンコインが流行ってるような、確か大昔そう東京オリンピックがあった年辺りでシングルレコードが370円位だった思ったが。
シングルレコードは2曲入り、これは4曲で500円。
しかも1960年代の物価での370円を比較すると安すぎる価格ではないだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりのグダグダな日曜日

昨日の酒が残っているのか朝から気分がスッキリしない。
結局雨も降ってるし、ダラダラしてると気が付けばもうお昼。
午後は寝転んで読書をしていると、いつの間にか寝てしまった。
まさに晴耕雨読な日曜日だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ありがとうございます

気が付いたらPVが30,000を超えてました。
いつも気にして見ていただいてる方々、ありがとうございます。
続けていると何時かは届くものですね。
これからの励みになります、頑張ります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

NHK受信料

リンク: NHK会長の受信料発言が波紋 ココログニュース:@nifty.

受信料ってなんだかすっきりしないなぁ。
食っても無い料理の代金を払えと言うのと同じような気がするけど。
送りつけ、勝手に注文もしてない商品を送っておいて代金を払えと。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

めがね

昨年の暮れに久しぶりに新しくメガネを作った。
これまではデスクワークが多かったので長年使っているメガネで特に不自由はなかったのだが。しいて言えば運転する時は、特に夜などは見づらいために運転用のメガネを使用していた。
暮れに作ったのは遠近両用のメガネである。これなら全てがバッチリと思っていたのだがやはりそうはいかない。読書はこれまでのデスクワーク用に使用していたメガネが楽なのだ。
だから読書する時とかパソコンの時はそのメガネを使用していた。
その長年使用のメガネが壊れてしまい、しばらく我慢していたがやはり長時間遠近両用で読書すると目が疲れてしまう。
で、結局近用のメガネを再度作る事にした。
なんだか老いぼれてくると色々思うように行かないものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

又蔵の火

村の若い者が犬をからかっている。
遠目にハツはそうみた。犬は低く腹這ったいちから、幾度か跳躍を試みようとするが、若者はそのたびにすばやく躰を鼻先に寄せて威嚇し、犬の動きを押さえて いる。

この本の書き出しである。
若者の名は又蔵、土屋虎松だが今は又蔵と名乗っている。父は百五十石取りの庄内藩士土屋久右衛門久明、跡取りを病気で失い妻も跡取りを産んで亡くなっている。家系が途絶える事を避けるため同じ藩の堀彦太夫三誠の三男才蔵と藩医久米家の娘九十尾を夫婦養子とした。その後父九右衛門は隠居して妾を持った。その妾が万次郎を産んでその後虎松、そして松代を産んだ。

万次郎が殺され虎松(又蔵)が兄の敵を討つ事になるのだが、、、。

この作品は初期の頃の作品で、その頃の暗さを持ったものである。物語は史実にもとづく下級武士の仇討ちの物語で鶴岡の寺に「土屋両義士相討ちの地」と言う碑があるそうだ。

ここで作者の生い立ちを振り返ると、作者は6人兄弟・姉妹の4番目で次男。実家は自作農兼小作人で父は長男でありながら本家を継げなかった。土屋万次郎が九右衛門の実子でありながら土屋家を継げなかった事が作者の生い立ちを見ていると重なってくる。

そんな理不尽なところが作品に映し出されているような暗い宿命を背負った主人公は作者の気持ちを代弁するものだったのかと思ってしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Twitterは中毒性が高い!? ココログニュース:@nifty

リンク: Twitterは中毒性が高い!? ココログニュース:@nifty.

なんだかなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

疲れました

新しい仕事の初日
慣れてない事で疲れました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんだ、そうなのか

最近になって気が付いた。
これまでお気に入りなどに登録しておいてほとんど訪れていたブログ
それがその内何人かが、このところ更新の頻度が極端に少なくなったり
まったく更新がされてなかったりと言うのが目立ってきた。

その最大の理由が(勝手に自分で最大だと思っている)Twitterにシフト
しているんですね。
だから更新が少なくなったり、全く途絶えたりしているわけで、
でもTwitterってそんなに魅力なのかなぁ、いまいち判らない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ブラタモリ

昨日そろそろ寝ようと思いつつ、テレビのチャンネルをガチャガチャと、
違ったガチャガチャは昔のテレビで今はそんな言い方はしないけど。
たまたま映った映像にタモリが映っていた。「ブラタモリ」だ。
そう言えば友人の三芳庵さんの日記にも書いてたなぁ、はっきり意識してないけど以前に何度か見たような記憶もある。その番組の再放送だったのだ。
この日の内容は明治神宮から表参道、竹下通り近隣を古地図を元に歩いてゆく。

Buratamori

明治神宮の森は実は人工的に作られた森であるとか、古地図にある川が今は無くなっているのは何故か、いや無くなってはいないのだが見えない。
暗渠という言葉も始めて知った。地下を川が流れているそうだ。
東京オリンピックの時に下水道を作る時間があまり無かったために行われたようだ。
沖縄問題で海を埋めるのは自然への冒涜と言っているが、ある種この地下に流れる川を作った事も自然への冒涜かも知れない。
生態系が崩れると自然界が破壊されてゆくように、自然に人工的なものを加えて行くことは自然界の破壊につながる恐れがある。
いやいや、自然界に人工的な改造を加える事すら長い地球の歴史の中には既に織り込み済なのかも知れない。
番組が終わったのが1時で最近は日付が変わる前に寝ていたので久しぶりの夜更かしとなってしまったが面白かった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »