« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

歴代レッド大集合

圧巻です、これだけ揃うと

P1090745

何だか一瞬消防署かと思ってしまいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

虹が出ていた

P1090680

久しぶりに虹を見た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とりあえずできた。

なんとか最低限のところまではホームページが完成。
あまり大ぴらにするにはまだまだかな。
どうしても見てみた人は連絡くれればお知らせします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いろいろあるけど

ジブリで好きな脇役って、まっくろくろすけ でしょうね。
あのわけのわからないキャラがいいじゃないですか。

ブログネタ: ジブリ作品であなたが好きな脇役は?参加数拍手

| | コメント (0) | トラックバック (1)

悪戦苦闘?

ほぼ完成なのですが、って何が?
ホームページがです。
でも一部思うようにいかない部分があってそれで悪戦苦闘してます。
そんなわけでこちら(ブログ)も少し途絶え気味。
満足が行ったら公開します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一人の朝

朝目が覚めるといつもと違う。
人気のない部屋、そうだった今日はカミさんがいなかった。
昨日から泊りで、何だか知らないが京都に行っている。
なんだか久しぶりに味わう独身の頃の空気に似ている。
だが外の暑さは変わらない。
8月も残り1週間余りになったのに、少しは秋の気配を醸して欲しい。

先日は毎年恒例の夏休みのボランティアを行った。
親子木工教室でのお手伝い。
真剣に釘を打ったり、鋸を使ったりして作品を作っていた親子。
のんびりした子、妙に人懐っこい子色々やなぁ。
みんな満足の様子で帰って行った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ほんまに暑い!

今週で2週間の夏休みが終わってしまう。sweat01
来週からは仕事が待っている。
久しぶりにジムで身体を鍛えに行くが、着くまでに熱中症になりそう。sweat01
それでも負けずに一通りのメニューをこなす。sweat01
自宅に帰って水分補給だ。
気が付けば水分にわずかだがアルコールが、、。
なんてことはない、缶ビールをぐいぐい飲んで人心地ついた。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

炎天下の奈良を歩く・・その2

今回の目的は大文字の送り火を見ることです。
それまでにまだまだ時間はたっぷりあります。
この後、二月堂に向かいます。
こんな物を見かけました。

P1090533

こんなところにも外来動物の被害がと思いながら探すと、いました。

P1090534

P1090537

上からの眺めは最高です。

P1090540

こんなものも見かけました。
久しぶりです、しおからトンボ

P1090553

この後春日大社、若草山方面へ向かいますがさすがにこの暑さ
公園の鹿も日陰でまったりとしていました。

P1090562

P1090558

中元万燈籠

P1090574

この後写真美術館に立ち寄ります。入江泰吉傑作展-大和路-が行われていました。
実に大和路の原風景が写し出されており、まさに感動です。
ここの冷房の効いた中でゆっくりできたので結構クールダウン出来ました。

P1090592

火がともされるにはまだ時間があります。

P1090593

名勝大乗院庭園でものんびり、ゆっくり。

P1090600

奈良ホテルを抜けて

P1090604

ならまちへ、そろそろ夕方の5時。
8時までお腹を満たしながら待つことにして「お疲れ!」

P1090605

といつものパターン。
時が経つのは早いもの、あっという間に8時前。

P1090614

ついにその時が来ました。

P1090616

なんで「大」の何だろうと思って調べると
漢字の「大」の字が「宇宙」や「いろいろな霊を供養する清らかな心」を意味するからだそうです。

P1090630

P1090638

P1090655

奈良を満喫した一日でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

炎天下の奈良を歩く

お盆の真っ最中、「大」という字に火が灯るのを見るために奈良へ。
まずはスタートの風景

P1090476

こりゃーどう見ても「奈良」ですね。
早速10時過ぎに歩き出します。
最初は

P1090486

ここに立ち寄りました。ちょうど夏休みではありましたが入口の守衛さんに

お願いして中を見せていただきました。

P1090479

何だか軽井沢のホテルのような建物ですね。

キャンパスを一回りして街中を歩きだすと、今度はこんな「奈良」が

P1090492

よく見ないと分からないかも知れませんがコインランドリーです。

さすが「奈良」という感じです。

そこを過ぎて少し歩いてゆくと

P1090496

P1090494

転外門に到着です。この段階ですでに体内の水分の半分くらいが汗となったのではないかと思われるくらいの暑さです。

ここからいよいよ「東大寺」のなかへ。

P1090513

一時の涼を求めて

P1090516

正倉院は塀越しにちらっと写真だけ。(わかるかなぁ)

P1090521

東大寺を眺めながら二月堂に向かってさらに歩く。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

エンディングノート

TVでタイトルは忘れたが放映していたのを見ていて
なるほどと思うことも多かった。
実際母親が高齢でいるが、すでに認知症で色々と確認したかった事も
今となってはほとんどが不可能となっている。
それを考えた時、子供たちに伝えて置きたい事を元気なうちに整理し
準備をしておく必要はあるんだろうなと思う。

今朝のTV番組では時節柄お墓詣りの事をやっていた。
これもまた考えさせられる事ばかり。
現在妻の実家のほうは車で20分もあれば墓参りはできるが
私の実家は車で4~5時間かかってしまう。
今後年とともに墓参りも増々大変になってくることを考えると
また、子供たちの事を考えると気持ちが重くなってしまう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新聞見ながら

123歳も30年前に死亡届
・・でるわでるわ、どこまで続くねんっていう感じ。
縦割り行政の弊害だか何だか知らんが、えー加減にしてほしい。

iPhoneもウイルス感染
色々な便利なIT関連の技術は人間が作ったもの、ウイルスも同じ人間が作ったのも。
戦争で人間同士殺し合いするのも人間の遺伝子の中にそうしたものがあるんやろか。

日本相撲協会もいまだに低空飛行が続いているが、、。

ワイン大手のメルシャンが架空利益65円計上
養殖魚の飼料販売を手がける水産飼料事業部での話。
そんな事業部があったんかいな。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

池波正太郎

 

火の国の城 上 新装版   文春文庫 い 4-78

      

感想:
最近はこのところ池波正太郎さんの本を読んでいる。日中家にいてもエアコンを昼間は点けてないのでそれはもう暑くて、読書も進まない。
今読んでいる「火の国の城」は加藤清正に仕える忍びの話である。関ヶ原の合戦が終わった後の頃で豊臣が滅亡する前の時代。天下に戦がなくなり平和が来るのだが、大阪の陣を何とか避けようとする清正と忍びの丹波大介の物語である。
これを読む前にやはり池波正太郎さんの小説で「剣客商売」のシリーズを何巻か読んだが面白かった。だがなんと言っても池波さんと言えば「鬼平犯科帳」どろうな。こちらはTVでは何度か見ているが小説ではまだ読んでない。いずれ。

火の国の城 上 新装版   文春文庫 い 4-78

著者:池波 正太郎

火の国の城 上 新装版   文春文庫 い 4-78

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ホームページ

仕事の関係で最近少しHTMLとかCSSなどをかじっている。
そうすると何だか自分のホームページを作ってみたくなる。
作ること自体はある種簡単なんだが、そこで何を自分は
表現するのかがまとまってないので先に進まない。
とりあえずコンテンツやタイトルを決めようかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夏の一日

Pic10

故郷の海を久しぶりに楽しんできた。

Pic12

誰もいない砂浜

Pic15

カニと戯れる

Pic18

蝉の鳴き声

Pic17

ハスの花

Pic16

Pic19

少年の暑い夏は終わろうとしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

それにしてもこの暑さ

今日は仕事はOFF
朝から洗濯やら溜まった用事を片付けて一息ついたら今週末に
田舎に帰るのに財布の中が心もとない。
昔風に言うならば「手元不如意にて」これではいかんと金をおろしに。
ついでに昼飯でも食って来るかと考えていると、つい最近の記事で
牛丼戦争のことが書いてあったので、「そうだ、それにしよう」と決め
松屋に立ち寄り250円の牛丼を食す。

行き帰りの桜の木の並木を見ていると午前中にあれほどうるさく
泣いていた「くまぜみ」どもはすっかり声を潜め木々の枝にひっそり
まるで忍者のように息を潜めている。
やつらもこの太陽が真上に来た時間はよくわかっていて、無駄な
体力は使わないようにしているんだろうな。

家に帰ってゆっくりしようと思ったが、娘からメールが。
昨日頼まれたエクセルのマクロを作って送っておいたのだが
なぜかエラーが出るので直して欲しいと。
エクセルのヴァージョンを聞くと2003、作ったのは2007なので
多分そのあたりのことだろうとは思うけど。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

名ばかり高齢者続出…日本の平均寿命、実はインチキ!? - 速報:@niftyニュース

リンク: 名ばかり高齢者続出…日本の平均寿命、実はインチキ!? - 速報:@niftyニュース.

なんということだ、なんかおかしい。
色々事情はあるかも知れないが自分の親に、肉親に何十年も会わないなんて。どこでどうしているかもわからないなんて。
平均寿命なんて少々増えようが減ろうがどちらでもいいことで、それを平均寿命が世界で何番目なんて言ってるよりも重要なことが見過ごされてきた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

何とかなるもんだ

先日ボランティアで木工教室の手伝いに行ってきた。
小学生が対象で色々な端材があってその中から好きなものを選んできて
それらを組み合わせて、釘で打ち付けたり、ボンドでくっ付けたりしながら
思い思いの形を作ってゆく。
毎年行っているので去年も参加した子供はいるが思いどうりの端材が
あればいいがそうもいかない
頭の中で設計図を描いていてもそれほど甘くないのだ。
要はひらめきと、応用力とそんなような才能をそれぞれ発揮しながら
時間内で(約2時間)何とか形を成してくる。
これはとらえ方を変えると人生の勉強であるとも言える。
人生思うように行かないほうが当たり前のように、その場その場で最善の
選択をしながら(したと思いながら)時を積み重ね今に至る(はずである)
無駄かもしれないけど努力する、足掻く、もがくそんなことが人生。

P1090291

なんて事を感じながら、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うるさいくらいに夏を謳歌してるやつら。

P1090302


P1090303

+

P1090304

P1090305

彼らも必死で種を保存するためなんですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夏の朝

朝から畑で夏野菜の収穫に。
それにしてもまだ8時過ぎだというのに照りつける太陽は肌に食い込むようだ。
少し歩くだけで汗が全身に噴出してくる。

P1090300

ミニトマトが鈴なりに、これを収穫し、なす、カボチャも。

P1090312

なすは早速漬物に、トマトを朝食にいただきました。

P1090314

ご馳走様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »