« 水 | トップページ | 今期で最後 »

公開講座

関西の食文化とフードサービス
と言う公開講座に参加してみた。
講演はがんこの会長さんでした。

日本食と言うのは非常に優れた料理であり、その料理を生み出した背景には日本の文化と言うものが大きな影響を及ぼしている、てな話でした。
日本の文化と言うものは日本の四季が深く関わっている、四季それぞれを楽しんでいる文化だそうだが、今年の異常な猛暑はそうはいかないだろう。
日本料理の重要な要素は「水」と「出汁」こんぶとカツオの合わせ出汁だそうだ。日本列島の地形が生み出す水は軟水で、これが硬水だと日本料理はこのような発展をしなかったようである。
また、五味、五法、五感を駆使した日本料理はすばらしいとも言っていた。
そんな素晴らしい日本食をリーズナブルな価格で提供するために様々な食材の調達から色々かかわっている話をしていたが、ここらへんになると大分宣伝色が濃くなってきた。

最後にいくつか質疑応答があってミシュランについての応答では
そもそもミシュランの評価は日本料理に合わない。日本の四季折々の料理を評価するのにその時だけの評価は意味がないと言った趣旨の話をしていたが、それは確かにそうだと納得。もともとタイヤメーカーが作ったガイドブックがそれほどの絶対的な権威があるとも思われない。
自分が味わって美味しいものが美味しいのであってそれ以上でも、それ以下でもないのではないか。

|

« 水 | トップページ | 今期で最後 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108344/36548100

この記事へのトラックバック一覧です: 公開講座:

« 水 | トップページ | 今期で最後 »