« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

福島第1原発:内閣官房参与、抗議の辞任 - 毎日jp(毎日新聞)

リンク: 福島第1原発:内閣官房参与、抗議の辞任 - 毎日jp(毎日新聞).

このような記事を見ると政府の言ってることが全く信用できない。
何とか早く事故の収束を祈るしかない。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

東京電力:報酬50%カット…社長「厳しい数字」と反論 - 毎日jp(毎日新聞)

リンク: 東京電力:報酬50%カット…社長「厳しい数字」と反論 - 毎日jp(毎日新聞).

皆さんはこれをどう感じますか?
取締役平均3400万という事は、それでも1700万。
社長、会長は当然もっともらっているはず。
思い切って全額義捐金にするのはどう?

| | コメント (1) | トラックバック (1)

もうゴールデンウィークですね

震災の事もあって今一つ盛り上がりの少ない連休がやってきました。
特にどこかに行くと言った計画は今のところありません。
そうそう、先日図書館で借りた本「断捨離のすすめ」を読んで
我が家の断捨離でも実行しますか。
さわりの部分に断捨離によって起きた10の変化と言うのがありました。

  1. 部屋が片付き空間にゆとりが生まれた。
  2. 掃除をまめにする様になった。
  3. ムダ遣いをしなくなった
  4. 人間関係が良好になった
  5. 仕事の効率が上がった
  6. 洗濯、料理などの家事をマメにするようになった
  7. 健康面が改善された
  8. 自分が好きになった
  9. 以心伝心しやすくなった
  10. 望む結果を引き寄せやすくなった

こんなにいいことがあるのなら、やってみようと、、。
連休は読書と天気が良ければ近くに写真などを取りに出かけてみますかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あれから6年

毎年桜が終わる時期になると
街の中で黒い服装で花束を抱えた人たちと出逢います。
4月25日と言う忘れることのできない日です。

JR福知山線での事故。
街ですれ違う人たちを見るたびに、本当に大勢の家族や友人など
その方々の大切な人の命を思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

忘れた頃に

市の図書館に予約していた本の連絡が来た。
もうすっかり忘れていたが確かに予約してた本だ。
明日にでも行って来よう。

調べてみたら昨年の5月に予約していた。なんと約1年前だ。 確かにその時の予約待ちの人数を見て、相当先になると感じてはいたが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

観てきました「阪急電車」

本日「阪急電車」観てきました。
なかなか良かった。
ストーリーは本で読んでいたが、期待に反せず原作のあの
こころがほんわりするような、ちょっと"うる”とするような
そんな出来事を乗せながら電車は宝塚から西宮北口へ
また折り返して宝塚へと走る。

でエキストラに参加していたのでちょっとだけ期待していたけど
見事にかすってもいませんでした。weep
まーそんなもんやけど。

後半過ぎに隣のおっさんがうるさい。
なんと大きないびきで寝ているぞ。
そんなんやったら、来るな!と言いたかった。

でも地元のロケの映画っていいもんです。
ついつい応援したくなります。

今度はプリンセストヨトミが来月公開ですね

Pt_wallpaper_a_normal

| | コメント (2) | トラックバック (0)

田中好子さん死去

リンク: 田中好子さん死去:夫の小達氏、涙こらえ「女優を続けたいと…」 - 毎日jp(毎日新聞).

朝の寝ぼけ眼の時に、カミさんが
「スーちゃんが亡くなったって」と言っている。
「何言ってんだ?」と言うと
「キャンディーズのスーちゃんよ!」
「まだ、だって若いだろう?」って言うと
「55歳だって」
、、、、
今朝の目覚めはこんな会話で。
ご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小川の辺

リンク: 菊地凛子、東山紀之主演作「小川の辺」ヒロインに : 映画ニュース - 映画.com.
また藤沢作品が映画化される。
小川の辺は闇の穴に収録の短編小説だが、まだ読んでない。
近いうちに買って読むことにしよう。映画は7月なのでまだ少し先だが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今年の花「妹背」

Dsc_0019

造幣局の今年の桜は「妹背」でした。
サトザクラの系統で名前の由来は

1つの小花柄に2つ果実が着くことが多いので妹背の名があるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豆腐の燻製

先日伊那市を訪れた時に地元の酒を買って帰った。

Dsc_0103

辛口の酒といったらこれを勧められた。
なんと21度の日本酒でロックでも飲めるくらいだ。
肴に作ってみたのが豆腐の燻製だ。

Dsc_0104

木綿豆腐の水抜きをして味噌で味付けを施した後に燻製に。
見た目や食感はチーズを思わせる。
日本酒の肴にはもってこいの燻製だろうと思う。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

今年も終了

年末の話ではありません。
年に一度定期検査を行っていますが、今年も異常なく終了しました。
内容は大腸ファイバー、胃カメラ、腹部エコー、その他血液検査です。
何度やってもあの大腸検査のまえの、2リットルもの薬を飲むのはしんどい。
前日の夜から数えれば、通算20回以上のトイレ通い、、、。
それも終わってホッとしました。

昨日は以前説明会に行ってきた件の申し込みを行ってきました。
トマトの栽培です。
と言ってもほとんど世話はやって頂いて収穫するだけです。
昔懐かしい完熟トマトがこの夏は食べれそうです。
たくさん取れればご近所の友人におすそ分けが出来るかもしれません。
期待せずにお待ちください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今度は

P1010537

今度は生姜じょうゆ味です。しかも期間限定品。
弱いんだなこの言葉に、日本人は。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

見事な桜

今年は早すぎて蕾の状態の花見が多かったんですが昨日は満開。
実は他の予定をしていたのですが、震災のため自粛で中止。
でその代替えでのスケジュール変更で出かけました。

Dsc_0003

Dsc_0014

Dsc_0019

Dsc_0036

Dsc_0046

Dsc_0052

Dsc_0103

場所は京都の原谷苑です。金閣寺から北西に2キロ程行ったところ。
ある程度見終わった頃からポツリポツリと雨が降ってきて少し残念でしたが満足。
でついでと言っては何ですが折角来たので雨の金閣寺も

Dsc_0157

原谷苑の詳しい情報はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

市塵

 

新装版 市塵(上) (講談社文庫)

      

感想:
藤沢周平の評伝物で新井白石を描いた物語である。名前くらいは教科書の中で知ってはいたが白石と言う儒学者にそれほど興味を持つことはこれまでなかった。
先日高遠城に行った時に「絵島囲み屋敷」と言う看板があって行ってみた。実はこの時代に絵島事件があって最終的に高遠藩に預けられる事になるのだが、その屋敷があった。
これもちょうど読んでいる最中に訪れることになったのは何かの運命かも知れない。

新装版 市塵(上) (講談社文庫)

著者:藤沢 周平

新装版 市塵(上) (講談社文庫)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

高遠城について

城について何も知らなかったので調べてみました。
              高遠城は、天文14年(1545)諏訪氏の一族で、当時一帯を領していた高遠氏を破った武田晴信(信玄)が伊那谷支配の一拠点とし築いた新城です。
なるほど。
こちらにいろいろ詳しく掲載されてます。
高遠の桜
高遠城桜祭り
ライブカメラがありました

行く前に色々調べろって話ですよね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

高遠の桜 2日目

翌日は7時に朝食を済ませ、バスで高遠に向かう。
高遠本町まで約20分程度、510円の料金。
バス停から高遠城址までは徒歩で約15~20分程度。

Dsc_0080

恐らく昨年のこの時期は人で一杯であっただろうと思う。
その意味ではゆっくりと散策できて良かったのか?

Dsc_0082

Dsc_0092

桜はこんな感じで出迎えてくれた。
公園から見える南アルプスや中央アルプスは素晴らしかった。

Dsc_0127

Dsc_0126

これらの景色が見れたのは思いもよらないことで感激。

Dsc_0079

一方、桜の方は南側の方に行けば少し咲いていたという情報を聞きつけ行ってみると

Dsc_0099

確かに咲いていた。8輪ほど開花していた。
帰りの列車に乗るため、あまりのんびりする時間もなくバス停に向かう。
途中街中をうろうろしながら歩いていると少し咲いてる木もあった。

続きを読む "高遠の桜 2日目"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

高遠の桜

いつもの様に、行き当たりばったりの18切符の旅。
開花情報も確認せずに出発したのが9日。
当日は途中雨で先が思いやられる出発となった。

P1010474

雨に煙る車窓を眺めながらの8時間の旅。
着いた時は雨は上がっていたが、

Dsc_0022

駅から高遠までのバスが土曜日のため本数が少ない。
検討した結果、当日は近隣を散策。既に4時近くだった。

Dsc_0040

春日公園と言うのが徒歩圏内にあるので行ってみる。
当然桜は開く気配もない。
2時間弱散策をして、今度は食い気に走る。
夕食は「ソースかつ丼」にしようか「ローメン」にしようか迷ったが、敦賀でかつ丼を食えなかった恨みもあり、かつ丼を選ぶことに。

Dsc_0064

イメージと違ってこのカツの厚さはなんだ。ボリュームは満点だが少し思っていたより甘かった。
折角なので地酒も頂いた事もあって、チェックインして風呂に入って9時ころには既に眠りの世界に、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

醍醐寺の桜

ブログネタ: 【写真ネタ】あなたの街の「桜」を撮って!参加数
4月2日に醍醐寺に行きました。

P1010297

醍醐寺は初めてでいたが見事な枝垂桜が咲いてました。

P1010303

P1010305

人も多く天気もまずまずで上醍醐までの坂道も汗をかきながら登りました。

P1010325

P1010335

今週が多分ピークでしょうね。

拍手

| | コメント (0) | トラックバック (0)

諦めない

今週の日曜日が最終日になってしまいました。
何が?と思うでしょう。
青春18切符の春休み使用できる期間なんです。

で余っている切符で日曜日に二人でどこかに出かけようと
いろいろ検討したんですが、どうしても行きたい場所がある。
それが高遠城址の桜なんです。

でもこれは日帰りでは無理で1泊しなければ無理なんです。
それでもどーしても行きたいという事で1泊することになりました。
ところが切符が2枚しかありません。
一昨日ちょこっとチケットショップを見ましたがほとんど無し。

それで昨日は気合を入れて片っ端からチケットショップを
18切符2枚のためにまわりました。

ticket最後、諦めかけていたころにありました。happy01
最後まで諦めないで探してみて良かった。
使用できる残りに数があまりないので値段も安かった。
まともに買っていたことを思えば宿泊代位は回収かも。

明日出発ですが、今日は雨が降ってます。rain

| | コメント (2) | トラックバック (0)

誕生日に頂いた花

3月にカミさんの誕生日があって友人から花をもらって来た。
これまでならほとんど世話をせずに気が付けば枯れていた。
今年はどういう風の吹き回しなのか、ちまちまと世話をしてる。

Dsc_0011

お蔭でまだ枯れずに咲いている。
少しは成長したか、花もカミさんも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

んっ!

Dsc_0004

知人に頂いたものですが、よく見ると最後の一文字が、、。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雑感0406

力士ら22人引退届
決着のつけ方がなんだか納得できにくい。
本当のところがどうなのかが、一向に見えてこないままの幕引き。

震災の教訓
日本人のいいとこが沢山見えてきたのに、政府は見えてこない。
天気予報のように本日の放射線量と言うのがいつまで新聞に載るのだろう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪解けまじか

P1010428

まだまだ山には雪が残ってました。
新快速「敦賀」行きの車窓より

P1010411

まー、一杯どうですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

良く歩いた一週間でした。

春の陽気に誘われて、歩いたなぁ

3/28 3,031歩
3/29 17,591
3/30 7,825
3/31 4,263
4/01 24,298
4/02 19,820
4/03 13,665

P1010305



P1010331

| | コメント (0) | トラックバック (0)

少し遠くまで散歩

Dsc_0010

桜もう少し、、かなあ

Dsc_0019

咲いてる木もある、種類がちがうのかな

Dsc_0020

Dsc_0036

Dsc_0038

続きを読む "少し遠くまで散歩"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

いけちゃんとぼく

昨年家電製品を買った時のエコポイントがあったので、それを使って足りない分は現金を足して、ついにブルーレイのプレイヤーを買った。
記念すべき最初に見たのが「いけちゃんとぼく」だった。

つい先日テレビで作者の西原理恵子さんが出ているのを見て興味を持ったから。で以前からあったDVDを思い出して観ることになった。
ところがあったはずのDVDが見当たらなくて探し回った。結局諦めかけていたとき、机の上の積み上げた本の下からひょっこり出てきたのだ。

<絶対泣ける本第1位>完全映画化とある。
ほんまかいな!と思いつつ観た。
いけちゃんの声に蒼井優と言うのもちょっと期待を持たせる。
舞台は具体的な説明はなかったと思うが、どう見ても高知の漁村が舞台と言うのは彼女西原さんの育った田舎の風景のような気がする。
そのあたりは彼女の経歴とかなり重なってくる。
本人も映画の中にちょこっと出てる、、らしい。

観終わって
<絶対泣ける本第1位>完全映画化
と言うのはちょっと言い過ぎではないかと思ったが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »