« 春の風物詩 | トップページ | 少し遠くまで散歩 »

いけちゃんとぼく

昨年家電製品を買った時のエコポイントがあったので、それを使って足りない分は現金を足して、ついにブルーレイのプレイヤーを買った。
記念すべき最初に見たのが「いけちゃんとぼく」だった。

つい先日テレビで作者の西原理恵子さんが出ているのを見て興味を持ったから。で以前からあったDVDを思い出して観ることになった。
ところがあったはずのDVDが見当たらなくて探し回った。結局諦めかけていたとき、机の上の積み上げた本の下からひょっこり出てきたのだ。

<絶対泣ける本第1位>完全映画化とある。
ほんまかいな!と思いつつ観た。
いけちゃんの声に蒼井優と言うのもちょっと期待を持たせる。
舞台は具体的な説明はなかったと思うが、どう見ても高知の漁村が舞台と言うのは彼女西原さんの育った田舎の風景のような気がする。
そのあたりは彼女の経歴とかなり重なってくる。
本人も映画の中にちょこっと出てる、、らしい。

観終わって
<絶対泣ける本第1位>完全映画化
と言うのはちょっと言い過ぎではないかと思ったが。

|

« 春の風物詩 | トップページ | 少し遠くまで散歩 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108344/39444918

この記事へのトラックバック一覧です: いけちゃんとぼく:

« 春の風物詩 | トップページ | 少し遠くまで散歩 »