« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

冷房って涼しい

Dsc_0032

暑い日が続きます。
この夏、初めて冷房の効いたところで半日過ごしました。
夕方家に帰って来ると、いつもより暑さを感じました。

夜、エアコンを点けるか迷いましたが結局付けませんでした。

別に電力会社に協力してるわけではありませんが、、。

所謂、先延ばし。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トマトを使った一品

新聞に載っていたのを見て作った最近のお気に入り
簡単トマトソース

P1010786

材料は
トマト
きゅうり
玉ねぎ
パセリ
をそれぞれ5mm位に切ります。

そこに塩、胡椒と
オリーブオイル、レモン汁を加えます。
それだけ。

これをソーメンや春雨にかけて頂きます。
パスタなどでもいいと思います。
食欲のない夏にはお勧めの一品です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

それにしても、、

昨日の総理の記者会見を見て改めて感じた。
話している様子が、まったく説得力を感じられない。

もしこんな人が営業マンで商品とかを売り込みに来ても、誰も何も買わないだろう。
もう少し人に対して、国民に対して熱意を感じられるような話し方をして欲しい。

Dsc_0015

綺麗な夕暮れの空だった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

地デジ対応

娘のところのテレビがやっと地デジ対応になるらしい。
カミさんがえらく心配していたが、ちゃんとやってるんだ。
そう言えばもう、1か月を切ったなぁ。

人間って一度贅沢をすると、元に戻れない。
デジタルでの映像を経験すると、これまでのアナログの映像がいかに
綺麗でなかったかが、改めて見えてくる。

何でもそうで、エアコンの効いた涼しい夏を経験してしまうと
エアコン無の暑い夏なんて耐えきれないのかも知れない。

それはそうと、先日適当に作ったパンプキンスープが意外と
カミさんに好評で、今日も作って欲しいとリクエストがあった。

Ps

| | コメント (2) | トラックバック (0)

それにしても暑い

この時期に、この暑さ。
今年の夏はどうなる。

もともと、我が家はあまりエアコンは点けてないけどsun
原発事故から急に電力の事を言い出した。
事故と直接関係のない関電でも節電を言い出した。

家電店では扇風機のコーナーが大きく場所を占めている。wobbly
わしらが若い頃なんて当然クーラーなど自宅になかったけど
それでも毎年夏はやって来た。
それで暮らしてきたはずなのに、贅沢になってしまった。

夏は暑くて、冬は寒いのが日本の四季ってーもんだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

押し面メーカー

http://www.icenomi.com/oshimen/index.html

中々面白いなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

校庭の紫陽花

このところ梅雨で雨空が多いですがその頃になると紫陽花が咲き始めます。

P1010781

紫陽花はこれが花だと思っていましたが、実はそうではないんですね。
見えているのは装飾花と言って、がくなんだそうです。
本当の花は真花といって、見えているのをかき分けてゆくと、その中にあるんですって。






P1010780

見えにくいですが、中央右に少しだけ真花が見えます。
これが咲いた時、紫陽花の開花という事だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痛飲

今朝は中々起きる気がしなかった。
というのも、昨日飲みすぎたせいだ。
久しぶりに合った相手という事もあり、また夕方4時から会って
コーヒーとかではなく、いきなりビールを飲み始め、
自宅に帰り着いたのが、日付変更線を越える手前。
少しは年の事も考えて行動せねば、、、。
そんな事で、やっと昼前に起きだしてきたところだ。
typhoontyphoontyphoon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山本一力「だいこん」

だいこん (光文社文庫)

久しぶりに山本一力の小説を読んだ。
その前、何作か藤沢周平を読んでいたこともあるが、なんだか塩分控えめの料理から、いきなり濃い味付けの料理を味わったような感じだ。
相変わらずの一力節は、爽やかな読み終わりを味わった。
対照的な東北人(藤沢周平)と土佐人(山本一力)だ。

江戸に心から愛されている一膳飯屋がありました。知恵を使い、こころざしを捨てず、ひたむきに汗を流したおんなの生き方。直木賞作家の魅力あふれる細腕繁盛記。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トマトの漬物

トマトの収穫時に間違えて青い実を折ってしまいました。

Tomato

捨てるのももったいないという事で、漬物にしてみました。
これが思いのほか、美味しいのでびっくりです。

塩を振って鷹の爪と昆布を切って、ビニール袋に入れて、冷蔵庫に半日ほど置いておくだけ。
酒の肴にぴったりの一品です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

収穫

トマトが収穫できました。

P1010754

美味しい完熟トマトです。
これから8月あたりまで収穫できるとの事。
楽しみです。










Dsc_0001

こんなに沢山なので
あちこちにおすそ分けです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

田植えの時期

梅雨空ですが、この恵みの雨が無いと作物も育ちません。
という事で、雨の中と覚悟をしていたのですが、幸いにも雨は降らず、田植えが出来ました。

P1010714

初めての田植えの経験です。
植えたのは「山田錦」と言う日本酒に使われるお米です。一通り植え方などの説明があって、総勢50人くらいで、写真の広さの田圃に植えました。横一列に並んで、30cm間隔で植えてゆきます。
これが中々の重労働で、泥の中に足は取られるわで、2時間程度で終わりましたが、もうへとへとでした。
多分に普段の運度不足も影響していますが。

当日はそうでもなかったのですが、翌日から腰やら太もも辺りが痛い!やはり年かな~。
このお米が秋には収穫できて、お酒になるのが楽しみです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

藤沢作品

無用の隠密―未刊行初期短篇 (文春文庫) Book 無用の隠密―未刊行初期短篇 (文春文庫)

著者:藤沢 周平
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

人に恐れられる隠密という存在も、巨大な組織からすれば卑小な歯車に過ぎない―命令権者に忘れられた男の悲哀を描く表題作ほか、歴史短篇「上意討」、悪女もの「佐賀屋喜七」など、作家デビュー前に書かれた15篇を収録。文庫化に際し、藤沢の浮世絵への並々ならぬ関心を知ることが出来る「浮世絵師」を追加した。

初期の頃、昭和37年から39年にかけて、発表された作品14編である。
作品の中には、後年の原型をなすものだったり、この間に作者の長女が生まれたり、奥さんが亡くなったりしている。そんな事も作品の背景にあって、それらが作品の中に感じられるのかもしれない。
作者が亡くなっている作品の解説は、ある種歴史小説を書くのと似ているような気がする。
作者が存命であれば会って確かめることもできるが、そうでなければ様々な残されたものから、想像、推定をしながら各部分があると思うので、時間軸からすれば少し前の事かも知れないが、それも歴史であることには変わりない。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

本日の習作

Dsc_0006

薔薇も終わりに近づいてます。

Dsc_0009

Dsc_0010

Dsc_0027

Dsc_0029

Dsc_0023

| | コメント (1) | トラックバック (0)

犬のお散歩

外を夕方などに歩いていると、犬を連れた人に良く出会う。
大概の人は、片手に袋を持っている。
その袋はワンちゃんが途中で排泄したものを入れるため
たまには偶然処理してる現場に遭遇することもある。

そんな時にいつも思ってしまう。
何でペットの「う○ち」を、人間が処理しなけりゃいかんのだと。
ついつい滑稽に思ってしまう。
まーでも都会の中で暮らすためのルールと言えばそれまでだが。

それでも犬の「う〇ち」は原発に比べたら害が無いからいいけど
原発の「う○ち」=放射能は袋を持って拾うわけにもいかんしね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

酒つくり

今年は酒つくりに参加します。
と言うほど大げさなものでもないのですが、、、。

参加するのは
田植え
稲刈り
酒蔵見学
です。
http://www.shirayuki.co.jp/

酒文化体験という事で興味があったので。
http://www.shirayuki.co.jp/pdf/20110516.pdf
このようなスケジュールで
6月は田植えに参加する予定です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

初めての経験

3月の末頃10キロほど歩いて帰ったとき、足の痛みを覚えた。
それほど気にはしてなかったが、良く見ると足の親指の爪が
内出血をしてるようだ。
痛みと腫れがあって、翌日なども歩くためにテーピングで応急措置
しながら、何とか歩いてきた。
内出血は治らないが、徐々に痛みは取れてきて、そのうちあまり
気にもかけなくなった。

最近、なんだか爪の色が水分が無くなったような色に変わってきて
なんだろうと思っていたが、今日ついにサンダルに爪が引っ掛かった
時に、ぽろりと爪が取れてしまった。
思わず「ぎぇー!」と心の中で叫んでしまった。
まさかとは思っていたが、取れてしまった。
気持ちの問題とは思うが、急に痛さがぶり返してきたようだ。
新しい爪が生えるまでは当分かかりそうな気がする。
しかし、それを待つしか解決の方法は無いようだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

不信任案否決:菅首相の姿勢 鳩山氏が「ペテン師まがい」 - 毎日jp(毎日新聞)

リンク: 不信任案否決:菅首相の姿勢 鳩山氏が「ペテン師まがい」 - 毎日jp(毎日新聞).

まったくどーなってるんだ、もう、うんざりだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もう6月

早いもので気が付けばもう6月です。
衣替えの時期になりました。

以前に昔の子供の成長を撮ったビデオを
デッキが壊れたのを機にDVDに焼こうと思ったのですが
焼いてもらうと値段的に高いので迷っていました。

ある日チラシが入ってDVDへのダビングが1本500円
と言うセールで、これくらいならと思いお願いしました。
10本ほどあったのですが、1本の収録は20分から120分と
様々でした。

ようやく全部見終わってみると中には、後半は関係ない
当時のテレビの番組だったりしてました。
恐らく番組を撮っていた上に録画したんでしょうね。

運動会の様子などは、自分の子供以外にも何だか
だらだらと撮っていたり、やたらカメラが動くので観にくい
画面になっていたりしています。
それらを現在PCで編集しなおしてますが結構大変です。
出来上がれば子供たちに渡すつもりですが、はたして
観てくれるかどうか、、、。
まー暇つぶしの自己満足に終わりそうですがね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »