« 本日の習作 | トップページ | 田植えの時期 »

藤沢作品

無用の隠密―未刊行初期短篇 (文春文庫) Book 無用の隠密―未刊行初期短篇 (文春文庫)

著者:藤沢 周平
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

人に恐れられる隠密という存在も、巨大な組織からすれば卑小な歯車に過ぎない―命令権者に忘れられた男の悲哀を描く表題作ほか、歴史短篇「上意討」、悪女もの「佐賀屋喜七」など、作家デビュー前に書かれた15篇を収録。文庫化に際し、藤沢の浮世絵への並々ならぬ関心を知ることが出来る「浮世絵師」を追加した。

初期の頃、昭和37年から39年にかけて、発表された作品14編である。
作品の中には、後年の原型をなすものだったり、この間に作者の長女が生まれたり、奥さんが亡くなったりしている。そんな事も作品の背景にあって、それらが作品の中に感じられるのかもしれない。
作者が亡くなっている作品の解説は、ある種歴史小説を書くのと似ているような気がする。
作者が存命であれば会って確かめることもできるが、そうでなければ様々な残されたものから、想像、推定をしながら各部分があると思うので、時間軸からすれば少し前の事かも知れないが、それも歴史であることには変わりない。

|

« 本日の習作 | トップページ | 田植えの時期 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108344/40338683

この記事へのトラックバック一覧です: 藤沢作品:

» IKEA家具のスペシャリスト [Witch House]
IKEA(イケア)のことならおまかせください。代行購入、搬入、設置まで、トータルコーディネイトいたします。 [続きを読む]

受信: 2011年6月10日 (金) 15時25分

« 本日の習作 | トップページ | 田植えの時期 »