« オオクビキレガイ | トップページ | アボカド成長記0901 »

耳をすます旅人

 

耳をすます旅人

      







耳をすます旅人

著者:友部 正人

耳をすます旅人

友部正人と言う懐かしい(失礼)響きについつい手に取った本である。

友部正人と言えば「一本道」がすぐに浮かんでくる。その中で

♪しんせい一箱分の一日を、指でひねってゴミ箱の中♪

という表現が印象的だった。

この本は彼が全国をコンサートで回った時の、それぞれの行った先をテーマにしたエッセーで、以前「じゃらん」に連載(不定期)されていたものである。

雨に消された夢(北海道)から浜辺の茶屋(沖縄知念村)までの全139編でこうせいされている。正直読んでみて、期待と少し違っていたので、なんだか一気に読み終えると言う訳にもいかず、少しずつ思い出したように読んだ。特に自分が知っている土地や住んでいる土地の所は興味深く、中にはいくつか時間があれば訪ねてみたい場所をメモってみた。

|

« オオクビキレガイ | トップページ | アボカド成長記0901 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108344/41432694

この記事へのトラックバック一覧です: 耳をすます旅人:

« オオクビキレガイ | トップページ | アボカド成長記0901 »