« アボカド成長記録1205 | トップページ | 友部正人 »

古書狩り

古書狩り (ちくま文庫)

古書がテーマの短編集

  1. 古書奇譚
  2. 古書狩り
  3. 時のメモリアル
  4. 姿なき怪盗
  5. 本の虫
  6. 小沢さんの話
  7. 思い出コレクション
  8. 書棚の奥
  9. 奇跡の夜

以上の9編、いずれも月刊小説初出で1990年から1993年にかけて。
それほど期待せずに読み始めたが、面白かった。
強いてあげれば、1の古書奇譚と9の奇跡の夜は良かった。
8の書棚の奥に出てくる、「大杉右京」の「世界陥没」は笑ってしまった。
小松左京=大杉右京、日本沈没=世界陥没はわかりやすいので。
奥付という言葉も初めて知った。
早速この本の奥付を見てみると、発行所がジャストシステムなんだ。
知らずに読んでいた。

|

« アボカド成長記録1205 | トップページ | 友部正人 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108344/43261216

この記事へのトラックバック一覧です: 古書狩り:

« アボカド成長記録1205 | トップページ | 友部正人 »