« 網膜剥離 | トップページ | 蔵開きに参戦 »

明日からは、重荷を下して楽になる

最後まで読まなかった

人にしばられず自分を縛らない生き方 (扶桑社新書)

最初は本のタイトルで選んだのだが、少し思いと違っていた。
目次に
人生とは、理解され、誤解されること
とか
花はだれのためにも咲く、春はどこにでも来る
などとあって興味を引いたのだが、私には合わなかった。

|

« 網膜剥離 | トップページ | 蔵開きに参戦 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

こちらのブログの題のほうが、すてきかもしれませんよ♪

投稿: こはる | 2012年3月17日 (土) 21時39分

こはるさん
ありがとうございます、のんびりやります。

投稿: Hanatare | 2012年3月18日 (日) 21時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108344/44524747

この記事へのトラックバック一覧です: 明日からは、重荷を下して楽になる:

« 網膜剥離 | トップページ | 蔵開きに参戦 »