« 今日、出逢った虫たち | トップページ | 永原御殿跡 »

大賀ハス

古代のハス

Dsc_5004

大賀ハスです。大賀ハスとは

ハスの権威者でもある大賀一郎博士が発掘品の中にハスの果托があることを知り、1951年(昭和26年)3月3日から遺跡の発掘調査を行った。調査は困難をきわめめぼしい成果はなかなか挙げられなかったが、翌日で打ち切りという30日の夕刻になって花園中学校の女子生徒により地下約6mの泥炭層からハスの実1粒が発掘され、予定を延長し4月6日に2粒、計3粒のハスの実が発掘された。 大賀博士は5月上旬から発掘された3粒のハスの実の発芽育成を、東京都府中市の自宅で試みた。2粒は失敗に終わったが3月30日に出土した1粒は育ち、翌年の1952年(昭和27年)7月18日にピンク色の大輪の花を咲かせた。このニュースは国内外に報道され、同年11月17日付米国ライフ誌に「世界最古の花・生命の復活」として掲載され、博士の姓を採って「大賀ハス」と命名された。日本各地は元より世界各国へ根分けされ、友好親善と平和のシンボルとしてその一端を担っている。

だそうです。この写真は野洲の弥生の森歴史公園で撮影したものです。
2000年も前のハスと知れば、またみる眼も違ってきます。
これ以外にもスイレンも綺麗な花を咲かせていました。

Dsc_5010

|

« 今日、出逢った虫たち | トップページ | 永原御殿跡 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108344/45822764

この記事へのトラックバック一覧です: 大賀ハス:

« 今日、出逢った虫たち | トップページ | 永原御殿跡 »