« 長老 | トップページ | 早川義夫 »

半夏生

今朝、新聞のスーパーのチラシを見てると
やたら蛸の写真と「半夏生」と言う文字が目につく。

明日は半夏生なんだ。Wikipediaによれば

農家にとっては大事な節目の日で、この日までに農作業を終え、この日から5日間は休みとする地方もある。この日は天から毒気が降ると言われ、井戸に蓋をして毒気を防いだり、この日に採った野菜は食べてはいけないとされたりした。また三重県の熊野地方や志摩地方の沿岸部などでは、ハンゲという妖怪が徘徊するとされ、この時期に農作業を行うことに対する戒めともなっている[1]。 奈良県の一部の地域(香芝市周辺)では、「はげっしょ」と言い、農家の人たちは玄米の餅を作り食べた。 上方ではこの日に蛸を、讃岐では饂飩を、福井県では大野市などで焼き鯖を食べる習慣がある。

なるほど、それでチラシに蛸が載っていたんだ。
私の田舎は讃岐だが、饂飩を食べるって知らなかったなぁ。

P1050031

|

« 長老 | トップページ | 早川義夫 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108344/46023713

この記事へのトラックバック一覧です: 半夏生:

« 長老 | トップページ | 早川義夫 »