« 大賀ハス | トップページ | ガラケー »

永原御殿跡

家康なども宿泊、でも当時の面影はほとんどなし。

知らなければそのまま通り過ぎてしまう。

Dsc_4951

わずかに残っている石垣が当時を忍ばせるのみ。

徳川将軍が上洛(じょうらく)の際に整備した宿泊所を指し、近江には東海道に水口城が、中山道に柏原(かしわばら)御殿、朝鮮人街道に伊庭(いば)御殿が、そして中仙道と朝鮮人街道の近くに、この永原御殿が整備されました。御殿が、単なる将軍の宿泊施設だけではなく、有事に備えた軍事施設の性格を併せ持っていたことを示しています。幕藩体制(ばくはんたいせい)が確立した三代将軍以降、将軍上洛の必要性がなくなり、これらの御殿は役目を終え、廃されることになります。

規模的には京都の二条城ほどの規模であったとの事。幕府の絶大な権力を忍ばせる。

|

« 大賀ハス | トップページ | ガラケー »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108344/45830548

この記事へのトラックバック一覧です: 永原御殿跡:

« 大賀ハス | トップページ | ガラケー »