« 涼を求めて | トップページ | 六文銭 »

蜩と紫陽花

標高1000mの街、高野山を訪れた。
出迎えてくれたのは、紫陽花と蜩の鳴き声。

Dsc_5437_488

昔からなんとなく、一度行ってみたいという気持ちがあった。

Dsc_5532_509

新今宮で乗り換えて、南海電車で極楽橋まで
そこからケーブルカーで数分、高野山駅に到着。
とりあえず、バスで奥の院まで向かう。

Dsc_5406_473

思い立って来たものだから、基本的な予備知識もなし。
行き当たりばったりの、散策を開始する。

Dsc_5411_474

様々な墓所を巡りながら、足の向くまま、気の向くまま。
高野山は117ヶ寺もあるそうで、寺ばっかりのという感じの街並み
いくらかは、下界よりも涼しいのだろうが、それでも歩くと汗が吹き出す。

Dsc_5469_496

気がつけばもう時刻は2時近い。
お昼を食べてなかったことに気づいて、食堂を探し入る。
それほど食欲はなかったが、ざるそばを注文し、つでにビールも。
汗をかいたあとのビールが喉に染み渡る(罰当たりかも)
燃料補給して、後半の散策に向かう。

|

« 涼を求めて | トップページ | 六文銭 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

高野山は涼しいっでしょうね!

投稿: 阿佐ヶ谷 | 2012年7月26日 (木) 18時32分

それが思ったほど涼しくなかったんです。

投稿: Hanatare | 2012年7月26日 (木) 19時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108344/46466271

この記事へのトラックバック一覧です: 蜩と紫陽花:

« 涼を求めて | トップページ | 六文銭 »