« 安静に | トップページ | スムージー »

詩小説

何気なく手に取って選んだのだが、思わぬ勘違いで選んでいた。
目次に目をやると、すべてが彼の手がけた歌のタイトルとなっている。
だから、その曲に因んだものだと早とちりをしていた。
何となくその曲の歌詞を思い浮かべながら読んでも
全くその歌詞とは、関係なさそうだとわかった。

内容(「MARC」データベースより) ひかれあい、わかれゆく大人の男と女の風景…。「青春時代」「時の過ぎゆくままに」「北の宿から」「また逢う日まで」など、時代のフィルムに鮮やかに焼き付けられた流行歌の世界を小説化。『婦人公論』連載をまとめる。

詩小説 (中公文庫)

だが、その曲が流行った頃の事を思い浮かべながら読むと
それぞれの絵空事の物語にも、少しだけ現実味が湧いてくるのかもしれない。

|

« 安静に | トップページ | スムージー »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 安静に | トップページ | スムージー »