« ノーベル賞 | トップページ | コスモスはまだ早かった »

パラドックス13

続けて東野圭吾

パラドックス13

私が読む前にカミさんが読んでしまった。

内容説明

      「世界が変われば善悪も変わる。
人殺しが善になることもある。
これはそういうお話です」東野圭吾

運命の13秒。人々はどこへ消えたのか?
13 時13分、突如、想像を絶する過酷な世界が出現した。陥没する道路。炎を上げる車両。崩れ落ちるビルディング。破壊されていく東京に残されたのはわずか 13人。なぜ彼らだけがここにいるのか。彼らを襲った“P-13 現象”とは何か。生き延びていくために、今、この世界の数学的矛盾(パラドックス)を読み解かなければならない!
張りめぐらされた壮大なトリック。論理と倫理の狭間でくり広げられる、究極の人間ドラマ。“奇跡”のラストまで1秒も目が離せない、東野圭吾エンターテインメントの最高傑作!              

       これは是非映画化して欲しい感じの作品、SF映画だな。 最新のCGなどをふんだんに取り入れて作れば相当面白い映画になりそうだ。

|

« ノーベル賞 | トップページ | コスモスはまだ早かった »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ノーベル賞 | トップページ | コスモスはまだ早かった »