« 秋雨 | トップページ | 何処かで見たような顔 »

大往生したけりゃ医療とかかわるな

大往生したけりゃ医療とかかわるな (幻冬舎新書)

読み終わった。

内容(「BOOK」データベースより)
3人に1人はがんで死ぬといわれているが、医者の手にかからずに死ねる人はごくわずか。中でもがんは治療をしなければ痛まないのに医者や家族に治療を勧められ、拷問のような苦しみを味わった挙句、やっと息を引きとれる人が大半だ。現役医師である著者の持論は、「死ぬのはがんに限る」。実際に最後まで点滴注射も酸素吸入もいっさいしない数百例の「自然死」を見届けてきた。なぜ子孫を残す役目を終えたら、「がん死」がお勧めなのか。自分の死に時を自分で決めることを提案した、画期的な書。

死というものに現代は直面することが少ない。
死を考えるということは、生について、命について考えるということだ。
生まれてきたからには、必ず終わりはある。
人生の折り返しを過ぎれば、ゴールを意識してそれから先を
どう生きてゆくのか、考えることが必要。
それと、どんなゴールを迎えるのかも。

そんな事を感じながら読んでいた。

|

« 秋雨 | トップページ | 何処かで見たような顔 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 秋雨 | トップページ | 何処かで見たような顔 »