« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

ユリカモメ

都会のなかでもたくましく

P1070467

川に鯉がいるのですが、時どきその鯉に餌をあげる人がいます
おそらくその餌を狙っているのでしょうか。

P1070466

ヒチコックの「鳥」を思い出します。

| | コメント (2)

あやかしの声

あやかしの声 (新潮文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
わけもなく他人に怖れられる恐怖。自分が誰か、どこにいるのか急に分からなくなる恐怖、悪い予感が次々的中してしまう恐怖、夢に隠された潜在意識がしだいに形を取ってくる恐怖、古い書物の呟きが迫ってくる不可思議な恐怖―名手が繰り出す奇妙な色合いの恐怖11種は、あなたの心に複雑な波紋を残します。

11篇の短編集
結末を予想しながら読み進める。
さすが短編の名手、阿刀田高と感心しながら。

気が付けばもう2013年も1か月が終ろうとしている
大阪城の梅も早咲きがほころび始めたらしい。

| | コメント (2)

気になるなぁ

最近なんだがブログのアクセス解析を見てると
facebookexternalhit
が目立つようになってきた。

何故なんだろう?
何処から、どうなってここにアクセスして来てるんだ?

いずれにしてもネットの世界は
本人が自覚してようが、いまいが関係なく
見られていることを改めて感じる。

Dsc_1466

| | コメント (2)

記憶力

記憶力、特に人の名前を覚えるのに自信がない
人の名前を覚えるが得意な人がいる

その人はどうやって覚えるのだろう
気になっていたんだが、ある事に気付いた

初めてその人に会って、話好きのようだと思ったが
話しかけて来るたびに、必ず私の名前を言う

「○○さん、趣味はなんですか?」
と言う風に
他に大勢人がいるわけでもないので
わざわざ名前を言わなくても、私に話しかけてるのはわかる
それでも、必ず名前を言うのは
おそらくそれが、名前を覚えるコツかも知れない。

| | コメント (0)

自転車

普段は意識して歩くようにしている。
今日はカミさんに自転車のパンク修理を頼まれ
自分で修理するのも面倒なので、近くの自転車屋さんで修理。

修理が済んだのでついでに自転車で買い物。
歩きでかかる時間の半分以下で移動できる。

自転車も悪くない
行動範囲が広がりそうだ

これから春に向けて検討してみよう
スポーツバイクか、いやママチャリでもいいか
買うかな、どうしよう。

Dsc_1428


| | コメント (2)

疲れが残る

昨夜の夕方から深夜にかけての作業が
今朝起きてもまだ随所に痕跡を残す
幸い、今日は仕事がオフなのでゆっくり
しようと新聞を広げていたが、、。
いろいろと急用が入って来るものだ。

P1070452

疲れた時には、甘いものが美味しい。

| | コメント (4)

春まだ遠し

久しぶりに公園に行ってみた
ロウバイがもう咲いてる頃かと思ったが
この寒さで開花は見合わせている様子

Dsc_1472

まだ一部しか開花してない

Dsc_1467

マンサクがつぼみを膨らませているようだ

Dsc_1464

温室では

Dsc_1461

でも外は寒かった。

| | コメント (1)

もうすぐ節分

今年の恵方は南南東ってあった。
ところでこの恵方って何?
どうやって決めるの?

今頃何言ってるんだ
と言われるかもしれませんが
しない事は調べるしかない

その年の歳徳神のいる方向だそうだ

じゃー、その歳徳神って何?

「魔訶陀国(印度)から南海の沙竭羅と呼ばれる竜宮に住む竜王の三女で、頗梨釆女と呼ばれ、「容貌は美麗で、忍辱と慈悲を体現している。」という意味の内容です。  
歳徳神はなににつけても神秘的な作用をおよぼすとされ、歳徳神のいる方位を選んで家屋の建築・造作・結婚・移転・取引などをおこなえばすべて吉とされます。

じゃー、その方向が毎年何故違うの?

古くは正月の神の来臨する方向を指していたのですが、九星術が流行してから現在のような意味になりました。
その方位とは   
甲・己の年 甲(寅卯の間)の方位(東微北)   
乙・庚の年 庚(申酉の間)の方位(西微南)   
丙・辛の年 丙(巳午の間)の方位(南微東)   
丁・壬の年 壬(亥子の間)の方位(北微西)   
戊・癸の年 丙(巳午の間)の方位(南微東)
で、その年の十干(じっかん)で決まります。

何だかわかったようなわからないような、、?
じゃー、何で太巻きを食べるの?

大正の初め、大阪花街でお新香の漬けかかる節分の時期にお新香を巻いた海苔巻を恵方に向かって食べるという風習がありました。その後昭和23、4年頃(1948~9)海苔の消費拡大のため関西の寿司屋と海苔業者が組んで考え出したのが現在の習俗のようです。太巻きに変わったのもこの頃で、「福を巻く 切ると福がこぼれる」ということで丸かぶりとなったようです。また寿司に巻く具が7種類で七福神を示すなどというこじつけもあるようです。

なんだそうです。
難しいことはまー、いいか。
エスキモーなど北極点では成立しない話ですね。

Dsc_1337


| | コメント (2)

人のことは言えないなぁ

今日、仕事での話
こちらが挨拶をしているのに、まったく知らん顔
近ごろの人は(母親だが)、あんなものなんですね
子供が挨拶もできないのは、親がそんな風だから
と仕事仲間と話をしていた

そう言えばいつも買い物に行くときに
スーパーの駐車場の入口にいるガードマンの一人が
通りかかると「こんにちわ」と言ってくれるのに
私は返事を返してなかった事を思い出した

もしかしたら、その彼は私が感じたことと
同じことを休憩時間に仲間と話してるかもしれない

人の事をとやかく言う前に、自分の事を思うと
これからは、そのガードマンにも返事を返そう
そんな事を思った一日でした。

Dsc_1420


| | コメント (2)

生命と記憶のパラドクス

科学の語り部、福岡ハカセの本

生命と記憶のパラドクス 福岡ハカセ、66の小さな発見

2010年3月から週刊文春にて連載の内容
ハカセの記憶、旅、進化、IT,読書、芸術、ナチュラリスト宣言と
多岐にわたってのエッセイ集。

どれもなかなか面白く読ませてもらった。
読んでいる中で、読んでみたいと思う本がまた増えてしまった。



私はクラッシクは詳しくないので文中に出て来た
ブクステフーデとはいかなる音かググってみると

こんなのが見つかりました。

| | コメント (2)

ひな祭りの次は

以前「お雛様」を制作したが
今回は男の子向けに制作中

P1070443

細部は目をつぶって下さい。
今からなので5月には十分間に合いそうです。

そう言えば今週は
若草山焼きがあります。
長浜の盆梅展も始まっています。

| | コメント (2)

75歳で芥川賞

史上最高齢だそうだ。
最初の作品が16歳と言うから、60年近く経てからの受賞ということになる。
その作品は

abさんご

タイトルからは内容が想像できない。

内容紹介
発売日: 2013/1/20
史上最高齢・75歳で芥川賞を受賞した「新人女性作家」のデビュー作。蓮實重彦・東大元総長の絶賛を浴び、「早稲田文学新人賞」を受賞した表題作「abさんご」。全文横書き、かつ固有名詞を一切使わないという日本語の限界に挑んだ超実験小説ながら、その文章には、「昭和」の知的な家庭に生まれたひとりの幼な子が成長し、両親を見送るまでの美しくしなやかな物語が隠されています。ひらがなのやまと言葉を多用した文体には、著者の重ねてきた年輪と、深い国文学への造詣が詰まっています。
著者は、昭和34年に早稲田大学教育学部を卒業後、教員・校正者などとして働きながら、半世紀以上ひたむきに「文学」と向き合ってきました。昭和38年には丹羽文雄が選考委員を務める「読売短編小説賞」に入選します。本書には丹羽から「この作者には素質があるようだ」との選評を引き出した幻のデビュー作ほか2編も併録します。
しかもその部分は縦書きなので、前からも後ろからも読める「誰も見たことがない」装丁でお送りします。
はたして、著者の「50年かけた小説修行」とはどのようなものだったのでしょうか。その答えは、本書を読んだ読者にしかわかりません。文学の限りない可能性を示す、若々しく成熟した作品をお楽しみください。

内容紹介でもまだ、よくわからない。が興味がわく。
同じく高齢と言う点ではこちらが上だが、亡くなられてしまった。
101歳の詩人、柴田トヨさん

同じく「浅井リョウ」の芥川賞で、戦後最年少で受賞と言うのも対照的だ。


何者

いろいろ読みたい本は増えるが、読むのが追い付かない。

| | コメント (0)

信長のシェフ

ついつい見てしまう。
信長のシェフ
以前にあった「仁」と発想的には似たような。
平成のシェフがタイムスリップして戦国時代に
というストーリー。

とりあえず難しいことを言わずに
楽しんで観る分にはいいと思う。


Dsc_1424

今日は夕方遅くから雨の天気予報。
寒さはそのせいかいくらか和らいでるようだ。

| | コメント (0)

備忘録

ふる

20冊目となる西加奈子の本はまさに著者新境地作品。
今この瞬間生きていることの温もりと切なさが、120%胸にしみわたる密度の濃さ。 著者にとってもトライアルでもあったこの渾身の書きおろし作品は、 日常の生々しさをやわらかく包み込み、すぐ隣にある「奇跡」そのものに気付かされる、 始まりのための物語 。
「みんな自分が好きなんだ。 でも、誰かを愛してるって、強い気持ちがあったら、 その人を傷つけることは怖くなくなるはずなんだ」

池井戸花しす、28歳。職業はAVへのモザイクがけ。誰にも嫌われないよう、常に周囲の人間の「癒し」である事に、ひっそり全力を注ぐ毎日。だが、彼女にはポケットにしのばせているICレコーダーで、日常の会話を隠し録るという、ちょっと変わった趣味があった―。

ミスター・ピップ (EXLIBRIS)

出版社からのコメント
【「物語の力」を謳いあげた傑作長編】  
舞台は1990年初頭、ブーゲンヴィル島がパプア・ニューギニア政府によって封鎖された三年間。島の唯一の白人ミスター・ワッツが、ディケンズの小説『大いなる遺産』を子どもたちに一章ずつ朗読するところから物語は始まる。  
子どもたちは作品に描かれた英国社会に最初はとまどうが、次第に主人公の孤児ピップが本当に生きているように感じはじめ、村に近づく独立抗争の暗い影におびえつつも、ピップの世界で想像をふくらませる。  
パプア・ニューギニア政府が送りこんだ兵士たちは、島の少女マティルダが砂浜に書いた「PIP」(ピップ)という文字が、革命軍の人物だと思いこみ、引き渡すよう要求する。説明しようとしたところ、教室にあるはずの『大いなる遺産』が紛失しており、怒った兵士たちは村を荒らし、家に火を放つ......。  
やがて再び、政府軍の兵士たちが村を襲い、ワッツは捕らえられ、マティルダも恐ろしい悲劇に巻き込まれる......。  
初めて本のすばらしさに触れた少女を襲う、過酷な運命とは?
*     *     *  
著者はニュージーランド出身。本書は《英連邦作家賞》ほか多数受賞、また《ブッカー賞》の最終候補にもなった。多彩な文体を駆使する類まれな才能が、いまや国際的に大きな注目を集めている。

内容(「BOOK」データベースより)
ブーゲンヴィル島の13歳の少女マティルダは、白人の「先生」ワッツの教えで、孤児のピップが活躍するディケンズの小説『大いなる遺産』の世界に魅せられる。しかし、独立抗争の影が島に忍び寄り、思いもかけない惨劇が…。「物語の力」を謳いあげた、胸に響く傑作長編。英連邦作家賞受賞作。

海の見える街

内容(「BOOK」データベースより)
この街でなら、明日が変わる。海が見える市立図書館で働く20、30代の4人の男女を、誰も書けない筆致で紡ぐ傑作連作中編集。

| | コメント (0)

ファイル:菅官房長官、鳩山元首相の発言批判- 毎日jp(毎日新聞)

リンク: ファイル:菅官房長官、鳩山元首相の発言批判- 毎日jp(毎日新聞).

このはとぽっぽのおっさんだけは何とかして欲しい。

| | コメント (0)

大鵬さん死去:幕内優勝32回 「柏鵬時代」築く- 毎日jp(毎日新聞)

リンク: 大鵬さん死去:幕内優勝32回 「柏鵬時代」築く- 毎日jp(毎日新聞).

また昭和がひとつ消えていった。
ご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (0)

武士の家計簿

武士の家計簿

ロードショウで何故か見逃してしまっていた作品。
猪山家親子の年収が、1200万だが借金が2400万。
武士の世では御上からの年収が限られていて
出世すれば年収も増えるんだろうが、経費もそれ以上に増える。
困窮する武士の生活が良くわかる映画だ。

二百数十年続いた江戸幕府も、外国の脅威もあっただろうが
経済的に見ても、恐らくどこかで行き詰まっていた気がする。
今度の政府も、とりあえず景気対策で国債をどんどん発行する
そんな姿がなんとなく江戸幕府の姿とダブって見える。

原作は読んでいないが、磯田さんも数字の羅列と思われる
家計簿から、よくこのような物語を思いついたものだ。

Dsc_1292


| | コメント (4)

テナント募集の張り紙

前には確か店があったんだが
テナント募集の張り紙があった。

そうだ確か「茶月」があったはずだが
と思っていたらこんな事だったのか

Dsc_1293

| | コメント (2)

妙な安心感?

先日、某国営放送で小椋佳をやっていた。
画面で見る小椋佳は、ちゃんとおじさんだった。

昔私が入社したころにLPが売れていたが
何故かLPのジャケットは、本人じゃない写真が
テレビでも本人の顔が出るわけじゃなく
どんな人だろうかと思っていた。

あのころから何十年、今テレビで見る顔は
それなりに年を経た顔だったのが、なぜか
妙に安心した気持ちになったが、自分でもおかしい。

| | コメント (4)

18年

あれから18年たったんですね。
その時、私は病院のベットでそれを迎えました。
突然揺れに一瞬どうしたのかと驚くばかりでした。

過ぎてしまえば月日の流れは速く感じます。
震災後生まれた子供が、もう少しすれば成人を迎える年月
高校生だった娘は、今では2児の母親です。
その間に、徐々に震災の痕跡は薄れてゆきます。
忘れるべき事と、忘れてはいけない事
歴史の中で、伝えるべきことは残してゆかなければ。

近くの小学校では今日は半旗が掲げられていました。

Dsc_1337


| | コメント (2)

ちょっとお疲れ

昨日は夜9時から11時の仕事
今朝は8時から12時までの仕事

終わって今少しゆっくりしているところだ。
仕事先でガードマンの方と話をしていたら
勤務は14時間勤務で仮眠は無しと言っていた。
それもまた大変な仕事ではあるなぁ。
これから録画してた番組でも見るか。

Dsc_1332

| | コメント (2)

はずれ

図書館帰り、丁度昼時間だったので昼食を食べる。
行きがけに見ていた店で、帰りは焼肉定食を食べると決めていた。

その店は以前にも夜などに何度か行った店
結構美味しかった記憶がある(最近は行ってなかったが)

入ってすぐ焼肉定食を注文する。
焼肉にスープ、ご飯、その他3品で800円。

ところが焼肉がすべて筋のところばかりで
それと一緒に炒められていたキャベツが心のところばかり。
そりゃサービス定食で利益が薄いのかも知れないが
あまりにも客をバカにした内容ではないか!
おそらくもうその店には行くことが無いだろう。
こうして店の気が付かないところで客が(たまにしか行かないが)
一人減って行くのである。

P1070426

| | コメント (2)

イ・サン

やっと「イ・サン」が終わりました。
なんと77回です。
最初からではなく、はっきり覚えていませんが途中から
何故かはまってしまっていました。

我が家では野党である私は、リアルタイムでなく
録画して翌日ゆっくり見るのが何時もでした。
それにしても長期戦です。

大河ドラマが週1回、月に4回年間にすれば48回
年末前には終わるから実際にはそこまで無いでしょうが

期待した最終回は、期待したほどもなく終わりました。
終わって、やれやれという感想です。

P1070383

| | コメント (4)

幻の深海巨大生物

リンク: 幻の深海巨大生物|NHK海 Ocean and Planet.
さすが天下の放送局だ、すごい映像だな。
こんな生き物が地球にはまだ他にいるかも知れないと思ってしまう。

| | コメント (2)

東海道宿場

草津宿を案内してもらいました。
JR草津駅を降りるとすぐ近くに一里塚跡があります。(写真中央)

P1070392

よく見ないと見逃してしまいそうですが、標識のところに小さな表示があります。
そこから商店街を通って旧草津川を超えると追分道標があります。

P1070401

東海道と中山道と言う文字が見えます。
そこを東海道に沿って少し歩くと左手に、草津宿本陣が見えてきます。

P1070406

中は撮影禁止のため、残念ながら映像はありませんが
昔の大名や御公家様が宿泊したところが見れます。
建坪468坪、部屋数33部屋、表門をくぐると左手に番所があって
中央に式台を持った玄関が待ち受けています。
中のそれぞれの部屋や、湯殿、雪隠など見ものです。

常善寺を過ぎて少し行くと道灌蔵があります。

P1070410

江戸城を創建した太田道灌を祖とした酒蔵です。
そこをさらに進んでゆくと立木神社です。

P1070421

古き時代の面影を随所に残した街並みを、2時間余りですが楽しんできました。

| | コメント (0)

駅前

安土の駅前の交番

P1070434

これが交番とは、さすがですね。

P1070429

駅前には天下布武の信長の銅像がそびえ立ってます。
レンタサイクルも2軒ほどあって、私がレンタルしたのは
2時間で500円でした。(歩いても行ける距離とは思いますが。)
2時間あれば行って城跡を見て帰って来れます。
ちなみに入山料(?)は500円でした。

| | コメント (2)

再挑戦

昨年雨で断念していた安土城に行って来た。
その前に草津で東海道、中仙道、草津本陣などを歩いて
午後から安土へ向かった。
駅から安土城址までは、駅前でレンタサイクルを借りる。

Dsc_1341

思ったよりも勾配があり、チョット汗かきそうだ。

Dsc_1340

信長らしき石段の中に、何か所かこのような石仏が混じっている。

Dsc_1356

標高199mの平山城

Dsc_1384

ここが天守跡

Dsc_1378

天守跡からの眺望、比良山系かな

Dsc_1386

まさに兵どもの夢のあと、、。

Dsc_1396

天候に恵まれた一日に感謝です。

| | コメント (4)

weather report

ウエザ・リポート

内容(「BOOK」データベースより)
女の気分も天気も、どちらもころころよく変わる!?人気時代小説家待望の初エッセイ集。

タイトルのウエザは宇江佐と言うことらしい。
奥付けを見るとなんと同い年ではないか、急に何だか親しみがわいてくる。
おかしなものだが、たったそれだけで親近感が湧いてくると言うのも。
だが文章から伝わる性格というのか、人間性というのかそんなものが
親近感を持つ理由なんだと思う。
以前に作品のどれかを読んでいる気がするが、思いだせない。
改めて読んでみようと言う気になったぞ。

| | コメント (2)

18の約束

いろいろ取り上げられていますが、確かに考えさせられることは多いはず。
重複するでしょうがその内容を引用しておきます。

グレゴリーへ

メリークリスマス!あなたはもう誇るべきiPhoneオーナーのひとりです。やったじゃん!あなたは良い、責任感のある13才の男の子、このプレゼントにふさわしいとおもいます。でもこのプレゼントを受け取ったからにはそれなりの約束を守ってもらいます。次に書く約束を読んでおいてください。こんなルールがなくてもリテラシーを守ってテクノロジーや技術を享受できる健全な青年であることとわかっていますが、こうすることが私の役割だと理解してくれると信じています。これら18個のことが守れないようならすぐにiPhoneをとりあげますよ。

あなたのことを本当に愛しています。これから数千のメールをやり取りすることを楽しみにしています。

1. これは私のiPhoneです。私が買って、あなたに貸してあげているのです。私ってすごいでしょ?

2. パスワードは私が管理します。

3. iPhoneが鳴ったらマナーを守ってとりなさい。それは電話です。お母さんやお父さんだったら絶対にとりなさい。絶対にです。

4. 学校のある日は夜7:30に、休日は夜9:00にお父さんとお母さんのどちらかにiPhoneを渡しなさい。シャットダウンして朝7:30に電源をつけます。

5. 学校に持って行ってはいけません。メールでやり取りする相手と会話を楽しみなさい。会話は生きる上で大事なスキルです。

6. もしトイレに落として水没させたり、地面に落として割ったり、紛失したりしたらそのときはあなた自身のお金で交換するなりしてください。庭の芝刈りや赤ちゃんの世話、誕生日を使ってね。

7. ネットで嘘をついたり相手をばかにするようなことをしてはいけません。ネットいじめに関わるようなこともしてはいけません。友達と友好な関係を保ってネットでケンカをしてはいけません。

8. 面と向かって言えないようなことを、メールや電話で言ってはいけません。

9. 友達の両親がいたら大きな声で言えないようなことを、メールや電話で言ってはいけません。気をつけなさい。

10. いやらしいことは絶対にダメです。ネットで調べたことはわたしと共有しなさい。もしわからないことがあるようなら、誰かにきくようにしなさい。できれば私やお父さんがいいです。

11. 公共の場では電源を切るか、サイレンスモードにしなさい。特にレストランや映画、他の人としゃべっているときは気をつけなさい。あなたはだらしない人間ではありません、iPhoneがそれを変えるようなことがあってはいけません。

12. あなたや他人のプライベートな写真を送ったり受け取ったりしてはいけません。バカにしてもだめです。あなたは賢いですが、いつの日かそうしたくなる日がくるでしょう。しかしそれはとってもリスクが大きく、学校生活だけでなく人生さえも狂わせることにもなりかねません。。サイバースペースはあなたよりずっと大きく強力です。一度広まってしまったら、解決するのはとっても難しいです。

13. むやみやたらに写真をとるようなことはダメです。すべてを記録する必要なんてないのです。経験を大事に生きなさい。あなたの記憶に永遠に残ることでしょう。

14. たまにはiPhoneを家に置いて行きなさい。iPhoneはあなたの人生でもあなたを拡張するものでもありません。それなしで生きる方法を模索しなさい。iPhoneを失うことを怖がるようなソーシャル依存症になってはいけません。

15. 友達がきいていないような平凡な音楽ではなく、クラシックや前衛的な音楽をダウンロードして聞きなさい。現在は昔と比べ音楽を簡単にダウンロードしたり聞けるようになりました。この環境をフル活用して視野を広げなさい。

16. 言葉ゲームや難しいパズルを解いて、脳をきたえなさい。

17. あなたの周りに起きることをよく見なさい。窓の外を見て鳥の声を聞いて、散歩に出かけて知らない人ともおしゃべりするようにしなさい。グーグルに頼らないワクワクを探し求めなさい。

18. なにか問題があるようなら、iPhoneをとりあげます。そしていっしょにそのことについて話し合って、またやり直しましょう。私はあなたのみかたです。私たちはいっしょです。

これらを約束してくれることを願っています。これらはiPhoneだけでなく、人生にも通じることです。あなたは早く変わり続ける世界のなかで成長していきます。刺激的で魅力的な世界です。シンプルに、チャンスをものにしていってください。自分自身の力強く大きな意思やこころを信じて、機械なんかに負けないで。愛してる。iPhoneを楽しんでね。メリークリスマス!

xoxoxo(←ハグ・キスのこと)

お母さんより

何を感じるかは人それぞれ

| | コメント (2)

公園の春

公園にロウバイを見に行ったが、少し早かったようだ。

Dsc_1298

蕾は膨らんでるが、咲いている花は無かった。

Dsc_1304

ヒマラヤザクラが咲いていて、春をちょっぴりくれた。
その後公園をうろうろしながら、春らしさを探してみる。

Dsc_1317

ピラカンサス

Dsc_1318

膨らんできてる木蓮のつぼみ

Dsc_1336

水仙は一部気の早い花が咲いていた。

Dsc_1328

思ったより暖かい一日だった。

| | コメント (2)

生きる意味

生きる意味 (岩波新書)

やっと読み終えた。

内容(「BOOK」データベースより)
経済的不況よりもはるかに深刻な「生きる意味の不況」の中で、「本当に欲しいもの」がわからない「空しさ」に苦しむ私たち。時には命をも奪うほどのこの苦しみはどこから来るのか?苦悩をむしろバネとして未来へ向かうために、いま出来ることは何か?生きることへの素直な欲求を肯定し合える社会づくりへ、熱い提言の書。

昨年上田紀行氏の講演を聞いて読んでみる気になりました。
Ⅰ・「苦悩」の正体
Ⅱ・数値化と効率化の果てに
Ⅲ・「生きる意味」を作る社会へ
昨年末から読み始めて、正月などでとん挫しながら読んだので ある意味一年がかりでの読書ということになる。
いろいろ考えさせられる本であった。

| | コメント (0)

今年の18切符

昨日は「青春18切符」で少し遠くまで行ってきました。
朝まだ日が登る前に家を出て、新快速に。
途中、垂水あたりで水平線に朝日が登ってました。

P1070370

お昼頃、マリーナで少し休憩しながら母のいる養護施設へ
生憎とノロウィルスの流行で、面会謝絶ということで
中へは入れてもらえず、玄関でガラス越しに会いました。

P1070374

その後近くの八幡様にせっかくなので参拝してきました。

| | コメント (6)

正月気分は終わり

昨日は家族など集まって鍋をつついて
とりあえず2013年の正月行事は終わり。
昨年末から読んでいた本が、やっと読み終わった。

そう言えば今年の大河ドラマは「八重の桜」
年末は「白虎隊」、読んだ本は南部藩の本。

今年は何とか東北にも良い年が訪れますように。

P1070324

| | コメント (3)

無欲の勝利

無欲の、、、とはいかなかった。

P1070308_2

年末買う気はなかったっが、つい売り場の前を通り最終日と言うのを見て
たまには買ってみるかと10枚だけ買った。
欲が深かったのかわからないが残念!
できればゼロが四つくらいの当たりが欲しかったなぁ。

| | コメント (4)

猫が

散歩途中出逢った猫

P1070311

近くに何匹かいるようですが、今日であったのはこの猫。

P1070313

今日も5キロほど歩いて、少し汗ばんだ。

| | コメント (4)

正月番組

正月のテレビ番組を色々録画したが
どれも長時間で、観るのも結構大変である。
普通なら2時間が長い方だが、特番は
4時間とか、6時間とかとてつもなく長い。
あの酒場放浪記でさえ、まだ見てないが4時間。

今日は白虎隊を見終わった
ところが何を勘違いしたか、第3部の最期から
見てしまって、後で気が付いた。
まだまだ、ハードディスクには録画番組がある。
当分の間見るには事欠かない。

P1070302

ナンテンの赤がきれいだ。

| | コメント (4)

運動不足

正月の運動不足を解消するため、散歩

P1070300

木蓮でしょうか、蕾が膨らんできています。

P1070306

公園では子供たちが凧揚げをしてました。
空にゴミのように見えるのがカイトです

P1070307

子供はやはり外で遊ばないとね。

| | コメント (0)

新春三日目

昨日はカミさんの方の墓参り。
正月からどこの墓もお花があったが、たまに無いところも。
そんな墓の下では、ちょっと寂しい思いをしているかも。

P1070258

終わってからみんなでお昼を食べて帰って来た。
何だか正月だけで、体重が増えていそうな気がする。

| | コメント (3)

新春二日目

昨日は夜録画していた大晦日の番組を見る
ダウンタウンの6時間の番組は疲れて半分だけ。

それから夕食は大晦日に食べなかった
「年越してしまった蕎麦」を食べる。

P1070242

昨日の朝食はスタバで、初詣帰りに。

| | コメント (2)

新春

初詣と今年の日の出を

Dsc_1228

日出は7時過ぎでした。
早朝から汗を流してきました、すでに16000歩ほど

| | コメント (6)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »