« ばら満開 | トップページ | 地下道 »

共喰い

共喰い

内容紹介
女を殴る父と、同じ目をした、俺。 川辺の町で暮らす17歳の少年。セックスの時に暴力を振るうという父親の習性を受け継いでいることを自覚し、懼れ、おののく…。逃げ場のない、濃密な血と性の物語。第146回芥川賞受賞作。

いつぞやの、受賞のインタビューが記憶に残っていたから手に取ってみた。
ただそれだけだ。

|

« ばら満開 | トップページ | 地下道 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ばら満開 | トップページ | 地下道 »