« アガワとダンフミ | トップページ | 沙羅双樹の花の色 »

紫陽花には雨が似合う

空梅雨のような日が、いきなり台風を伴う雨
その雨が終った昨日はシトシトのまた雨

ふと紫陽花が見たくなり、行く先をさがす
真っ先に思い浮かぶのが、三室戸寺
しかし、今回は違うところに行ってみたい
いろいろ探してみると矢田寺がいいらしい

関西では最も紫陽花で有名とあるから
今回はそこに行ってみようと思いながら
調べてみると場所は近鉄郡山駅から
おおよそ1里弱の場所にあることがわかった
おまけに駅の近くに郡山城址もある
これは1石二鳥とばかり出発する。

駅からはバスもあるがとりあえず歩いてみる
距離からすれば半刻(1時間)もかからないはず
道もほぼまっすぐで迷う恐れはなさそうだ。

途中少しだけ寄り道して
豊臣秀長の墓所に立ち寄った。

P1080585

郡山城の城主であった秀長墓所である。
しばらく歩いて行くと「矢田寺」が見えて来た。
しかし車の渋滞、駐車待ちの車の列だった。

P1080599

山門をくぐり長い階段を登ってゆく

Dsc_3487

咲き誇る紫陽花が目にはいって来た。

Dsc_3514

Dsc_3565

霧雨のような雨が紫陽花にはよく似合う

Dsc_3588

もう一つ紫陽花に似合いそうなもの、かたつむりを探したが

Dsc_3612

紫陽花ではない樹に見つけた。

矢田寺は通称で正式には矢田山金剛山寺だそうだ。

日本最古の延命地蔵菩薩が安置されている。お地蔵さまはお釈迦様の入滅後、弥勒菩薩が出られて再び法を説かれるまでの、なんと56億7000万年の無仏の間、救いのないこの世に出現され、民衆を救済されるありがたい尊い仏様だそうです。

Dsc_3598

帰りには駅近くの郡山城に登城して帰ってきました。

|

« アガワとダンフミ | トップページ | 沙羅双樹の花の色 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アガワとダンフミ | トップページ | 沙羅双樹の花の色 »