« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

雨だ

今日は仕事がOFF
やらなければいけない事が溜まっている
朝から頑張って、と思っていたら雨が降って来た
何だか出鼻をくじかれた気分

Dsc_4167

ちょっと様子を見て、雨が上がらないようなら
雨の中を出かける心構えをしなくては。
朝、ひまわりに水を遣ったが必要なかったな。

| | コメント (2)

水辺の風景

Dsc_4365

おはぐろトンボ

Dsc_4357

錦鯉
熱中症に気を付けながら、本日も仕事

| | コメント (2)

少し休憩

Dsc_4340

天空に咲くアザミ

| | コメント (4)

ナイフ

ナイフ (新潮文庫)

内容紹介
「悪いんだけど、死んでくれない?」ある日突然、クラスメイト全員が敵になる。僕たちの世界は、かくも脆いものなのか! ミキはワニがいるはずの池を、ぼんやりと眺めた。ダイスケは辛さのあまり、教室で吐いた。子供を守れない不甲斐なさに、父はナイフをぎゅっと握りしめた。失われた小さな幸福はきっと取り戻せる。その闘いは、決して甘くはないけれど。

読んでいて胸が痛くなってくるほど重い感じがする。
その年頃の子供がいたら、最後まで読むのが難しいかも知れない。
そんな「イジメ」をリアルに感じて、現代社会の歪のようなものを感じる。

| | コメント (2)

第一弾の

夏恒例となったボランティア、第一弾

P1080836

こんな端材を想像力を働かせて、組み合わせて
小学生たちが何かを作るというもの
釘で打ち付けたり、ボンドで張り付けたり
子供たちの個性豊かな想像力に関心。
貯金箱、飛行機、ロボット、ランプシェード
カブトムシ、ログハウス、、、、。

| | コメント (2)

ゴキブリ

もう何年も我が家で見かけたことが無いのに
それが最近たまに見かけるのは何故だろうか?
昨日も1匹うろうろしていたので抹殺したが、、
恐らくはどこかから、飛来してきたんだろうと推測
もしこれが室内で繁殖しているようなら
大いに問題である
念のため駆除のコンバットなるものを仕掛ける。

P1080795

先日見かけた看板だが

| | コメント (4)

部屋も身体も

生きていると言うことは
生活しているということは

何かしらその痕跡が
知らず知らずに溜まってゆく

部屋の中を見渡すと
何でこんなものを大事に仕舞ってるんだろう
何時からここに置きっぱなしにしてるんだろう
そんなものがいくつも転がっている

うーん、暑いけど思い立ったが吉日
少し整理して、思い切って捨てよう

同じことが目には見えないが
長年生きて来た身体にも言えるんだろうな
こちらはそう簡単に捨てるわけにもゆかない
出来ることは生活習慣を改めるくらいか

Dsc_4146

| | コメント (2)

暑い

暑い
この暑さ、たまりません

| | コメント (0)

ガガブタ

先日草津水生植物園で撮影

Dsc_4119

Wikipediaより

浮葉性、または抽水性の植物で、地下茎をのばして生長する。スイレンに似た円心形もしくは卵心形の浮葉をつけ、長さ8-20cm。抽水葉をつけることもある。ただしスイレンと決定的に違うのは、水底の茎から伸びるのが葉柄でなく茎であることである。浮葉の少し下に芽や根が出る部位があり、ここから先だけが真の葉柄である。この部分から根や花芽、やがては葉も出てくることで、この部分だけで独立した植物体となることが出来る。夏から秋にかけて、葉柄の基部にバナナのような形をした殖芽をつくる。
花期は7-9月で、多数の白い花を咲かせる。花は上記の葉の少し下の部位から出る。水面から出た花には5弁があり、その白い花弁の周辺は細かく裂けていて、一面に毛が生えたような見かけになっている。自家不和合性をもち、結実するためには他家受粉が必要となる。

名前が面白かったので印象に残る。

日本の本州以西や台湾などにも分布している。 あまり深くない止水域に出現する。ただし池沼の改修工事や水質汚濁などに伴い、日本では個体群が減少傾向にある

とあるが見かけたことはない。

| | コメント (2)

ひまわりの後、竹田城

真夏の竹田城、登城はきつかった。

Dsc_4333

さすがにこの時期は人も少なく、その点では良かった。
ピーカンでなく空には雲が多く、風雲竹田城と言う感じ

Dsc_4318

天空からの眺めをしばし楽しむ。
当時の穴太積の石垣がすばらしい

Dsc_4300

寺町に咲くハスも風情があるものだ

Dsc_4375

下から眺める天守跡、まさに日本のマチュピチュだ。

| | コメント (0)

ひまわり120%

今が真っ盛りの夏の花、ひまわり。

Dsc_4249

一面ひまわり

Dsc_4265

これでもか!

Dsc_4257

場所は佐用

Dsc_4278

汗、汗、ひまわり、夏、夏

| | コメント (2)

ひまわり

突然、ひまわりを見に行くことに。
あの人の場合は何時も突然だから
別に驚くことも無いのだけれど。
明日の天候が心配だけど、なんとか
夕方までは降らないでほしいな。

P1080729

| | コメント (2)

食堂かたつむり

最初はカミさんが読むだろうと図書館で借りて来た。

食堂かたつむり (ポプラ文庫)

内容紹介
おいしくて、いとおしい。 同棲していた恋人にすべてを持ち去られ、恋と同時にあまりに多くのものを失った衝撃から、倫子はさらに声をも失う。 山あいのふるさとに戻った倫子は、小さな食堂を始める。それは、一日一組のお客様だけをもてなす、決まったメニューのない食堂だった。 巻末に番外編を収録。

巻末の番外編、、?そうか、読んだのは文庫じゃないからなかったんだ。
何で恋人に捨てられたのか、最後まで気になっていたがわからない
それはまーいい、なんだかちょっとメルヘンチックな香りもするが
なかなか面白く、カミさんが読む前に読んでしまった。
知らない事とは言え、映画にすればと思ったらすでに映画化されていた。

| | コメント (2)

風車のある風景

水の森

Dsc_4138_01

Dsc_4140

Dsc_4176

Dsc_4197

Dsc_4220_01

ちなみに風車は回ってなかったけど、、、。

| | コメント (0)

ハスが見頃

昨年話を聞いていて、今年は行こうと思っていた場所
草津の琵琶湖の湖岸に位置する「水の森」
行ってきました、暑かったけど、、。

Dsc_4082_01

壮大なハスの自生を目の当たりにすると感激です。

Dsc_4048_01

飽きることなく、歩きまわりました。

Dsc_4099

水中の土の中にはレンコンがあるのかな

Dsc_4171_01

本当は早朝に観たかったかが、、。

Dsc_4054

Dsc_4048_01_2

草津駅からバス直行便で20分

Dsc_4136_01

帰りは大阪で降りて中崎商店街へ

イナダで「月の桂」とだし巻で喉を潤して帰宅。

| | コメント (4)

オヤジのカメラ

実家の階段下の物置にあった

Yashica

ちょっとあちこちが錆びているが懐かしい
これ以外にも記憶だと蛇腹のカメラなども確かあったはず。
もし親父が生きていて今のデジカメを見たらさぞ喜ぶだろうな。
結構新しいもの好きだったし、多趣味だったから。
茶道や日本舞踊なども何故だかやっていた記憶がある
まさにその時代の記憶はモノクロームだな。

Dsc_3992

| | コメント (4)

どんより

うるさく蝉は泣いているが、天気はどんよりしている
スッキリしない天気だがトマトの収穫に行かなくては
1週間ほどほったらかしにしているので心配だ。

Dsc_3984

| | コメント (2)

粟島

須田の港から船で15分で粟島
瀬戸内海に浮かぶ小さな島。

Dsc_3944

なにも無い、、事を楽しむ
宿泊施設にはテレビもない、、これが一番いい(のかも知れない)

Dsc_3846

島には犬は見かけないが、猫はいる

Dsc_3851

国立粟島海員学校跡

Dsc_3934

朝の新鮮な空気の中、目覚める。

Dsc_3973

15分ほど歩いて、海水浴へ

Dsc_3987

のんびりした時間が流れる

Dsc_4002

昭和を思わせるタバコ屋さん、でも閉店している。

P1080710

昨日の夜は「海ボタル」を楽しんだ

Dsc_3926

手持ちの為ぶれているが、、、

| | コメント (2)

3連休

久しぶりの長距離運転
連休ということで渋滞を懸念して早めの出発

P1080659

のつもりが、何だかんだで思ったより遅い出発となる
運よく渋滞には何とか捲き込まれずに途中休憩
さすがに車は多い、遅い朝食を取る。

P1080655

待ち合わせの相手は渋滞の真っただ中のようで
1時間以上待つ羽目となってしまった。

P1080657

下から見上げると、そう思わなかったが
吊り橋のロープはこんなに大きいとは、、、。
十分すぎる休憩を終えて出発となる。

| | コメント (2)

非日常

疲れた、帰郷
今回は非日常を体験するために島に宿泊。
なにも無いのがいい。

Dsc_3989

今日はこれまで、、。

| | コメント (2)

汗だく

明日、久しぶりに長距離車に乗るので
珍しく洗車をしたが、汗だくになった。
ボンネットを開けて基本的なチェック。
ウオッシャー液を補充、空気圧チェック。
最近は長距離乗るのは本当に少ない
年に2~3回程度もあればいい方だ。

Dsc_3823

ちょっといたずらで加工してみた

Dsc_3823c

うーん、なんだかな。

Dsc_3823b

| | コメント (2)

最近、調子がいい

調子が悪かったトイレの温水洗浄便座が
なんのきっかけか、回復しているようだ
以前はスイッチを押しても、音だけして
温水が出てこない状態だったのが
このところ機嫌よく温水を噴射してる
ただ、停止ボタンを押したら停止はするが
その後に自動的にノズルの洗浄が始まる
最初はびっくりしたが、今はもう慣れた

そうそう昨日は昼間温度計を見たら
38度を指していた、、暑いわけだ
ちょっとしたサウナ状態、汗、汗、汗。
こうなると早く秋が来てほしいと思う
人間なんて勝手なものだ。

Dsc_3815_01

桔梗・・・花言葉は「清楚・気品」だそうです。

明日から帰郷してきますので、少しお休みします。



| | コメント (2)

朝の水遣り

早朝、植えてる野菜に水遣りに
昨日の夕方行く予定がついつい面倒で
早朝の涼しいうちにということに

P1080643

側にアザミが咲いていた

P1080642

これは月見草かなぁ

P1080647

無花果にも実が付いてきているぞ
あー、でも汗かいた、シャワー浴びて仕事に出かけよう。

| | コメント (2)

猛暑

朝から温度計を見ると
すでに30度を超えている
梅雨明けを待っていたかのように
一斉にクマゼミが鳴きだしている
いよいよ夏到来と言う感じだな
若いころと違って、年を取ると
ぎらぎらした夏の太陽は苦痛だ

Dsc_3760

暑中お見舞い申し上げます

| | コメント (4)

蝉の抜け殻

桜の木の根元に人差し指くらいの穴がある
多分蝉が地中から地上に抜け出した穴だろう

少し離れたところに抜け殻を見つけた
さらにそこから離れたところににも、、
でもよく見るとあまり乾燥してない様子
もしかしたら羽化したばかりの殻かな

いや、そうじゃない
まだ羽化してない状態だ
でも動かない
死んでしまったようだ。

蝉は数年も土の中で生活して
地上に出るとほんの1週間で死んでしまう
それを人は可哀そうだと言う
本当にそうなんだろうか

土の中は地上と違って
空調の効いた快適な部屋と同じように
地上ほどの寒暖の差は無いはず
そんなところで生涯の大半を過ごすのは
考えてみれば幸せな生涯かもしれない

この世界はすべて人間を中心に回っている訳じゃない

P1080641

この向こうに図書館がある

| | コメント (4)

参院選

リンク: 参院選候補 17日間の選挙当選で6年間の身分保障で収入3億円 - 速報:@niftyニュース.

改めて、すごい。
そこまで本当に必要なのか。

| | コメント (0)

図書館

家にいても暑いので思い切って
暑い中、自転車を漕いで図書館に
借りてる本も読んでしまったので
返却と、新しく借りる本を探しに

P1080640

3冊返却して、新たに4冊借りて来た。
これでまた当分楽しめるぞ。
それにしても家に帰って来たら
喉が渇いていて、冷えたカルピスソーダが美味しかった。
図書館に咲く木槿も日差しを浴びて
元気に咲いていた。

| | コメント (0)

七夕

昨日近くの商店街を通ったら
大勢の人がいるのにびっくり
そうなんですね、七夕まつり
でも夕方からのすごい雨で
大変だったんでしょうね。

P1100975

今日は読む本が無くなったので、図書館にでも行くかな。

| | コメント (0)

真夏日

暑い日が続く
夜は暑くて寝苦しい
まだエアコンは使ってない
熱中症には気を付けて
水分をこまめに取るように
心掛けてはいる。
それでも暑さでどうしても
集中力などは弱くなる
昨日はこのところ珍しく
13000歩弱歩いていた
自転車を使うようになって
歩数は以前と比べて減った。
だが行動範囲は広がる。

Dsc_3696

アマゾンの蛙、色が毒々しい

| | コメント (0)

昨日の朝、今年初めてのクマゼミの鳴き声を聞いた
あの「シャー、シャー」と言う、うるさい鳴き声
だがほんの一二回だけのようだった

今朝も鳴いていたが、すぐに終わった
例年蝉が鳴きだすと、夏休みが始まる
それからすると、鳴き声がちょっと早いような
おそらく鳴いていたのは同じ蝉かも知れない

そうだとすると、地上に出るのが早すぎて
きっと恋の相手も見つからないまま
短い地上生活を終わってしまうかも知れない

タチアオイの花も頂上付近まで咲き始め
木槿の花が盛りを迎えようとしている
梅雨が明けるのも、もうすぐのようだ。

P1080445


| | コメント (2)

二度あることは、、

過日、買い物帰りに落し物を拾いました。
落し物は携帯、いわゆるスマホでした
落とし主が困っているだろうと思い
近くの交番へ持って行きました。

拾った時間とか、場所
住所氏名などを聞かれて
拾得物を交番へ預けてきました。
落とし主が現れればいいのですが。

翌日、公園を歩いていると
公園のせせらぎの中に何かあります
近づいてよく見ると、なんと
携帯(スマホ)が落ちているではありませんか
最近のスマホは防水機能があるようで
ちゃんと動いているようです。

で、昨日の事もあるので
今度は拾い上げて近くの石の上に
置いておきました。
周りに人も大勢いたし、
もし落とした人が探しに来れば
見つけやすいところに置いたわけです
だって、また交番に行って
手続するのも嫌だったんで。

それ以来、さすがに三度目はありませんでした。

P1080521

| | コメント (4)

カメ、カメ、カメ

先日 神戸市立須磨海浜水族園に行った時の写真

Dsc_3731

ほとんどがミシシッピーアカミミガメのようだ。

神戸市立須磨海浜水族園(同市須磨区)が外来種のミドリガメを捕まえて持っていくと入園無料になる企画を続けている。持ち込まれたカメは3400匹を超えた。

また

駆除と研究を兼ねて2010年にスタート。毎年期間限定でことしは6月末まで。持ち込む際、捕獲した日や場所、方法などを報告すると500~1300円の入園料が無料となる。7月以降も持ち込みは大歓迎としている。

確か6月29日にここに行った、知ってればカメ持ち込んだのに。
それにしても、あの縁日なんかで売られているかわいいカメが
成長すればこんな風になるんだなあ。
日本古来のカメって最近ほとんど見かけない。

| | コメント (2)

美味しいマーク

これが美味しいトマトのマークだそうです。

P1100989

スターマークと言うらしいですが、糖度が高いそうです。

今年の夏の「青春18切符」の旅をどうするか、検討中。

・発売期間 7月1日から8月31日
・利用期間 7月20日から9月10日
いくつかの候補地で、できれば1泊してのプランを。

| | コメント (2)

半分終了

2013年も前半が終了だ
時の経過は、振り返ってみれば早いものだ
先日40年ちょっと前に卒業した学校の
方々と会って、当時の話に花が咲いた

やはり時の経過は、外見上の変化は隠しようもないが
当時の何年かの時間を共有したことは
今でも色褪せることなく、それぞれの記憶にある
いや、むしろ時の経過を経ることで
都合のいい記憶しかとどめていないようで
そのことが、また一層楽しくしている
嫌な記憶は風化してしまっているようだ。

いずれにしても健康で参加できることに感謝だ。

Dsc_3639

須磨水族館のイワシの群れ

| | コメント (4)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »