« まな板 | トップページ | 台風 »

閲覧制限

「はだしのゲン」を巡って色々とあったようですね
最終的には市教委が陳謝して納まったようですが
最初は何だかこの話を聞いた時に
「「図書館戦争」を思い出してしまいました。

事の真相は別にしても
戦争とは悲惨な物であり、むごいものです。
それを伝えることは大切なことだと思います。

現代社会は昔から比べると、真実や現実を
覆い隠すことで近代化したような面があります
小さな頃、目の前で飼っていた鶏を絞めて
食べているのが当たり前のような場面が
今では決して目にする機会がありません
それを経験することで、「命」を食べている
そのことを学んできたような気がします。

魚だってそうです
釣ってきて、生きている、またはそうでなくてもそれをさばいて
それが食卓に並べられる
それが現代では店先に切り身でパックされている
確かに便利ではあるが、「命」を食べていると言う実感は得られない

Dsc_4514

人間だって自然界に生かされている動物、生物の一部なんだから。

|

« まな板 | トップページ | 台風 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

もし、自分の国が必要であるならば、自分の国は自分自身で守れ。
虎の威を借る狐* になるな。 狐の根性が汚い。
自国のためには、自らの血を流せ。外国人の血を買って喜ぶな。

力は正義である。(Might is right).
もしも、自分に正義が必要であるならば、自分自身の力を示すこともまた必要なことである。

仏法の守護神は、仁王である。国家の守護神は、自国の軍隊である。
第七艦隊は、’友愛の海’ の守護神となるのか。
主護神を置かずして、法を説く者はむなしい。得意な歌詠みも、ごまめの歯ぎしりとなろう。

>親戚のじいちゃんはガ島で地獄を見てきた。
>「あれは決して国のために尊い命を落とす姿じゃ無かった」という言葉を忘れない。

自分の死に場所を探す兵士ばかりでは、戦に勝てない。戦場に屍をさらせば、敵の戦果の山ができる。
我が国の指導者は、犬死を何と言って褒めたたえようとするのか。何と言って畏敬の念を示すのか。

我が国では、話の筋があって、人が序列を作るのではない。序列があって、筋がない。
目先の問題に専念する兵卒は優秀、参謀は愚鈍。お上の理不尽に下々は無抵抗である。
耐え難きを耐え、忍び難きを忍んで、南の島に雪が降る。

序列メンタリィティを日本語脳から除去することは難しい。
階称 (言葉づかい) は、日本人のリーズン (理性・理由・適当) をむしばむアヘンのような役割を果たしている。

現在の地球は、英米の世の中である。各国には、リーズナブルな (理性ある・理由になる・適当な) 主張が求められている。
理性判断 (rational judgment) のできない国民は、世界の中にあっても、世界に属さない。
だから、日本人は国際社会においても、指導性を発揮することは難しい。

*(他人の権勢をかさに着ていばる小人のたとえ。)

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://3379tera.blog.ocn.ne.jp/blog/

投稿: noga | 2013年8月31日 (土) 14時57分

ものすごいコメントが来てますねえ。
日本語らしいが、もはや日本語じゃない感じもする。
街宣車からがなりたててくれる内容が、およそこんなものなんじゃないかと想像するのですが、、、

ところで一族じゅう被曝や被爆したワタシのジイサン、叔父・叔母連中、親もそう、皆、その体験について一様にうんと口が重かったですねえ。
親しかった叔父の一人(彼は戦争には行っていません)なんかも、喋ってくれたのは亡くなる直前だった。ぽつりぽつり独り言のように。初めて聞いたという奥さん、目を赤くしつつもびっくりしてました。あんなこと誰にも喋らないで、どうして我慢してられるの!
でも聞いてあげてよかった。newmoon

投稿: kikuy1113 | 2013年9月 1日 (日) 15時21分

kikuy1113さん
私の父は戦争には行かなかったが、7人兄弟の内上の兄が4人も戦争で亡くなってます。
、、先の長いコメントは日本語として確かに、変ですな。

投稿: Hanatare | 2013年9月 1日 (日) 21時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« まな板 | トップページ | 台風 »