« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

行楽の秋

暑さも終わり清々しい季節。学校では修学旅行の季節だ。半世紀も前に行った記憶は今だに脳裏に焼き付いている。それほど一生の内でも大切な旅の経験、いい思い出を作って欲しいものだ。

| | コメント (0)

秋の草

草冠に秋
萩はまさに秋を代表する草花ですね

P1110198

P1110197

道端に何気なく咲いていました。
これから木々の葉っぱもどんどん色づいてきて
紅葉の季節を迎えます。
昨年は滋賀の湖東を巡りましたが
今年はどこへ行こうか思案

| | コメント (3)

取り替え完了

壊れていた温水便座の交換完了

P1110176

思っていたより時間を食ってしまった
何とか交換、取り付けを完了してみれば汗だく
これで何とか快適なトイレ生活ができる
人間って贅沢なもので、馴れてしまえば当たり前
だが、いざ故障して使えないと何だか不便を感じる

| | コメント (2)

先日、下の娘に子供が誕生しました
無事に生まれて来てくれて、ありがとう

P1110192

触ると壊れてしまいそうな手です。
女の子です
この子たちが大きくなっても住みやすい国であることを祈ります

| | コメント (4)

最終回

世間で話題の「半沢直樹」が昨日最終回だった
実は私が観たのは、後半の3回くらいしかない
カミさんや娘に「えー、観てないの?」とバカにされ
見てみたのがドラマが終る少し前だった

観てみるとある意味単純な面白さ
昔のプロレスのように、
散々に、相手に痛めつけられて
ヘロヘロになりながら、後半は
これでもかと言うくらいに
相手の悪役レスラーをコテンパンにする
毎回同じパターンなのだが、解っていても
観ていて、スカッとするわけだ
ある意味お約束なわけだ

全くストーリはそのプロレスのパターンだ
で、最終回を観るとどうも続編があることを
臭わせたままに、終わってしまった
思った以上の高視聴率に、欲が出たのかな

それにしてもその後のドラマが大変だ
あれだけの視聴率を出せるどうか
キムタク頼りだけでは難しいやろなぁ

P1110106

写真は讃岐富士

| | コメント (0)

またまた連休

天気快晴
天高く、いよいよ秋と言う空気が感じられる。
何処かへ出かけたいが、その前にやらなければ
行けない仕事がある。

少し前からトイレの温水便座が故障。
スイッチを押しても反応が無い
たまに気が向いた時だけ反応する
結構使っているので、この辺で新しいのと
交換する時期かもしれない

といことでいろいろ見て回って
新しい便座を購入してくる
で、古いのと入れ替える作業が待っている
作業は自分で行うので、今日は多分一日仕事。

P1090043

バックミラーに映る夕焼け

| | コメント (0)

禁酒

禁酒してもうかれこれ10日ほどになるか
禁酒と言ってもドクターストップがかかったわけじゃない
訳があって自主的禁酒と言う訳だ。

でも暑い一日の締めくくりには
よく冷えた麦酒が恋しくなる
そこで、当節流行のノンアルなるものを飲んでみた
色々と試して見るが、それぞれ微妙に味が違う
それでもそれを飲んでいると
なんだかビールを飲んでるのと錯覚する
だだし、酔わないけどね
それに結構カロリーゼロと言うのが多く
少しは溜め込んだ皮下脂肪も減った?かな

Dsc_4638

プルーン

| | コメント (6)

彼岸花

秋いよいよ本番

Dsc_4656

彼岸花が満開の様子
曼珠沙華とも

Dsc_4658

Dsc_4659

日本の秋の風物詩

| | コメント (0)

ゆるキャラ

日本全国で繁殖している所謂ゆるキャラ
先日遭遇したゆるキャラ

P1090035

可愛いか、ちょっと不気味かは見る人の判断

| | コメント (0)

夕日に月

夕焼けの空に月がでている

P1110145

ちょっと日本じゃないような雰囲気も、、

P1110146

まだ満月じゃないのかな

| | コメント (4)

名古屋テイスト

始めての経験

P1090020

コメダコーヒーが出来たので行ってみた。
トーストに餡を注文

P1090021

まー、微妙な味かな

P1090018

店の雰囲気は全体として好きだなぁ

| | コメント (2)

台風一過

台風が去って、青空が見えて来た

P1090039

大きな被害をもたらしたところもあるようですが
お蔭様で我が家の近くは大丈夫です。
青空に百日紅の赤が映えています。

| | コメント (0)

大阪マラソン

今年も大阪マラソンが近づいて来ました。
今日はボランティアのガイダンスに参加してきました
今回は給水のボランティアです。

P1090015

当日体調を整えて参加したいと思います。

| | コメント (2)

あづい

9月も半ばだというのに、この暑さは何なんだ。
ブルーシートに僅かに貯まった水を見つけて、椋鳥が水浴びしている気持ちがわかるような気がする。

| | コメント (2)

聞いてくれればいいのに

岡山からマリンライナーで四国へ
途中瀬戸大橋の手前辺りでのカップルの会話

「マリンライナーって言うくらいだから海渡るの?」
「このマリンライナーは高松行きだったよ」
「えっ、じゃー瀬戸大橋線に乗り換えなきゃね」
「早く丸亀に行ってうどんが食べたいな」
ちょうどその時児島駅に着いた。
「あっ、瀬戸大橋線の列車が停まってる」
「わー、ラッキーだったね」
そしてその列車に乗り換えた。

マリンライナーにそのまま乗ってればいいのに
坂出で乗り換えればいいんだから
でもそのカップルは満足そうに乗り換えていった。

P1110076

丸亀と言えば「うちわ」の生産が有名ですね。

| | コメント (2)

夏の18切符最終日

今日で最終なので、残っていた1枚を使ってきた。
田舎の母親の見舞いに行って来たのだが
以前から気になっていたところに帰り寄り道。

気になっていたとは、車窓から見える城
それは京極家の丸亀城

P1110068

JR丸亀駅からは徒歩でもそう遠くない。
ただ、この日は暑かった、天守に着いたら汗だく。

P1110064

なかなかこじんまりとした趣のある城だ。

| | コメント (2)

ルリボシカミキリの青

ルリボシカミキリの青 福岡ハカセができるまで (文春文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
花粉症は「非寛容」、コラーゲンは「気のせい食品」!?生物学者・福岡ハカセが語る、最先端の生命科学から探求心の育て方まで。明晰かつユーモラスな筆致に理系は苦手というあなたも思わず膝を打ち、腑に落ちる。ノスタルジックに描かれるセンス・オブ・ワンダーの気づきも深い余韻を残す、傑作科学エッセイ。

プロローグ
第1章 ハカセの研究最前線
第2章 ハカセはいかにしてつくられたか
第3章 ハカセをいかに育てるか
第4章 理科的生活
第5章 「1Q84」のゲノムを解読する
第6章 私はなせ「わたし」なのか?
第7章 ルリボシカミキリの青
エピローグ

本書は「週刊文春」に連載のコラム「福岡ハカセのパラレルターン・パラドクス」の最初から70回分ほどを、再構成再編集し、手を加えてまとめたもの。・・

人は自分の身の丈に合ったサイズの穴しか掘れない。私は、その細い穴をずっと掘っていたにすぎない。

ファンの読者には何度か同じような話を繰り返すが、ある意味復習のつもりで読んでいた。
初めての読者には予習の意味で読んだらいいのではと思う。
プロローグの一節に

大切なのは、何かひとつ好きなことがあること、そしてその好きなことがずっと好きであり続けられることの旅程が、驚くほど豊かで、君を一瞬たりともあきさせることがないということ。そしてそれは静かに君を励ましつづける。最後の最後まで励ましつづける。

というのがある。
振り返ると、そんなものがなかった。いや、あったが気が付かなかったのかも知れない。

| | コメント (4)

秘湯の旅(2)

Dsc_4537

街で見かけたホテイアオイの花

Dsc_4542

キバナコスモスに蝶

Dsc_4560_01

曼荼羅の滝

Dsc_4609_01

玉簾

P1080976

旅の楽しみ

P1080961

| | コメント (4)

秘湯の旅

P1080953

女心と秋の空
くるくる変わる天候に翻弄されたが
昨日はどうやら雨が降りそうもないようなので
早朝から紀伊半島を南下した。
想像しなかった好天に恵まれ
秋の爽やかな空気の中、赤とんぼも群れ
ゆったりとした休日を過ごすことができた。

Dsc_4573_01

紀伊田辺からバスで約1時間半の旅

Dsc_4539_01

日本三大美人の湯、龍神温泉に到着。
シーズンオフなのかほぼ貸し切り状態の温泉を堪能。

Dsc_4586_01

山には秋の味覚が実っていた。

Dsc_4607_01

| | コメント (0)

またまた台風

明日の旅予定はちょっと無理そうだ
このところ、ずーっと台風で予定が狂う
おまけに週末まで影響が出そうな予報
3枚残っている18切符は、早めに売る方がいいかも
今日の仕事もどうやら雨の中のようだ。

P1080881

| | コメント (2)

ソニーのレンズスタイルカメラ「DSC-QX100」

リンク: ソニーのレンズスタイルカメラ「DSC-QX100」の画像&スペックに関する情報 - デジカメinfo.

全く考えもしなかったようなカメラ?レンズ?
これだけでもカメラとして機能するし、スマホに取り付けることもできる。
なんだか興味がわく、実機を手に取って見てみたい。

| | コメント (0)

夏休みもおわり

今週から夏休みも終わり
校庭には子供の声が帰ってきた
気温27度、湿度は高そうで
全身にまとわりつく、べとついた感じ
もう九月になってしまった

 

時間の経過する感覚は
年を経ると体内時計が、若い時より
鈍くなるのか、遅く感じるようだ

 

1か月経過するのに
老人の感覚は1週間か十日ほど
その結果振り返ってみると
光陰矢の如し、となるそうだ。

P1080937

にゃーんだ、そう言う事か

| | コメント (2)

残りわずか

青春18切符の使用期限が残りわずかとなった
1枚は実家に帰省で使う予定
それも今日予定していたが、この雨で延期
それ以外の2枚は秘湯の旅を計画
結構厳しい日帰りの旅になりそうだが
後は天候だけ何とか晴れて欲しいと願う。

P1080934

| | コメント (2)

台風

予報では日曜日は雨だったので
家でおとなしくテレビや読書と思っていたが
予想したほどでもなかった。

夕方から運動不足解消に
買い物やら、散歩をしてきた。
湿度は高いようだが、、。

P1080939

空はまだ台風から立ち直っていない空だ。

P1080930

秋の薔薇も盛りを過ぎて店仕舞いの様相。

| | コメント (2)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »