« Df | トップページ | 車内の独り言 »

かたよらない、こだわらない、とらわれない

先日薬師寺を訪れた時のお話

「修」しながら「行」むから修行という

内容紹介
話しの面白さ・わかりやすさとキャラクターで、奈良・薬師寺で一番人気の僧侶の書き下ろし法話。 私たちは、今のこの混迷・停滞・閉塞感のつづく「現代」をいかに生きていけばよいのか。今がよければそれでいいはずがありません。過去に学び、未来を思ってこそ、その中間にある「今」=「中今(なかいま)」の生き方が見えてくるのです。 日本中を法話会やセミナーで駆け回る著者が常に感じて憂いているのは、いまや世代や性別、職業、社会的地位などにかかわらず、現代の人たちは一人ひとりが、他人からは想像もつかないようなじつにさまざまな悩みや迷いを抱えきれぬほど抱えているということ。しかも、先の東日本大震災で甚大なダメージを受けた「今」は、その深さ重さもなおさらです。 そこで、社会の中核を担う世代の一人である著者が、仏様の教え、先人の教え、未来への希望に思いを馳せながら、現代人の悩みと迷いの本質を説き、読んだ人に示唆と元気をあたえる一冊です。 重々しかったり難解な講義をするわけではなく、その話しはユーモアたっぷりで難しい専門語も使わないやさしいわかりやすいものなので、世代や立場を超越して老若男女誰にでも響く不思議な魅力をにあふれています。「現代(中今)」を生きるすべての人たちへ、リアルな悩みをときほぐす、導きと愛情と示唆に満ちています。

生まれ変わることはできない。でも、
生き方を変えることはできる。・・と帯にかいてることば。

こういった時間を持つことも時にはいいよね。

P1090420

|

« Df | トップページ | 車内の独り言 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Df | トップページ | 車内の独り言 »