« どうしようかな | トップページ | 少し後悔 »

メタセコイア

Dsc_5915

葉が茶色になって来ていて、落葉してきている。
あまりきれいな紅葉?と言っていいのかわからないが
この木は新緑の方が、はるかに綺麗だ。
実はこの木は、はるかな太古の昔から生きてる植物
Wikiによれば

メタセコイアの化石は日本各地の新生代第三紀層の化石に見られ、カナダ北部・シベリア・グリーンランドなど北半球の北極周辺に広く分布していた。
1939年に日本の関西地方の第三紀層で、常緑種のセコイアに似た落葉種の植物遺体(化石の1種)が発見された。 発見者の三木茂博士によりセコイアに「のちの、変わった」という意味の接頭語である「メタ」をつけて『メタセコイア』と命名され、1941年に学会へ発表された。
それまで発見されていたヌマスギやセコイアと異なると考えメタセコイア属を設けた。また、落葉樹であることも推定した。 当初、「化石」として発見されたために絶滅した種とされていたが、1945年に中国四川省磨刀渓村(現在は湖北省利川市)の「水杉(スイサ)」が同種とされ、現存することが確認されたことから「生きている化石」と呼ばれることも多い。

そんなすごい植物なのだ。

|

« どうしようかな | トップページ | 少し後悔 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« どうしようかな | トップページ | 少し後悔 »