« 生者と死者 | トップページ | ミスプリント »

花のあと

花のあと
同名の小説が藤沢周平にありましたが
その話ではありません。
桜の花が終ってしまい
若葉が茂ってきました。

Nec_0064

その後、葉が覆い尽くすころには
毛虫の季節がやってきます。
そして毛虫がいなくなるころには
初夏の暑い太陽がやってきます。

季節は巡っているのです。

|

« 生者と死者 | トップページ | ミスプリント »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 生者と死者 | トップページ | ミスプリント »