« カステラ | トップページ | 発芽 5月1日 »

塩の街

タイトルから来るイメージとは違った。

塩の街 (角川文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
塩が世界を埋め尽くす塩害の時代。塩は着々と街を飲み込み、社会を崩壊させようとしていた。その崩壊寸前の東京で暮らす男と少女、秋庭と真奈。世界の片隅で生きる2人の前には、様々な人が現れ、消えていく。だが―「世界とか、救ってみたくない?」。ある日、そそのかすように囁く者が運命を連れてやってくる。『空の中』『海の底』と並ぶ3部作の第1作にして、有川浩のデビュー作!番外編も完全収録。

そうだったのか、デビュー作か。
秋庭と真奈の関係が「図書館戦争」の笠原郁と堂上に似てるなと、、。
それに作者の有川浩はグンオタかと、、考え過ぎか。

|

« カステラ | トップページ | 発芽 5月1日 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カステラ | トップページ | 発芽 5月1日 »