« アラカシ | トップページ | 花のあと »

生者と死者

これは紙の本でなきゃできない

生者と死者―酩探偵ヨギガンジーの透視術 (新潮文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
はじめに袋とじのまま、短編小説の「消える短編小説」をお読みください。そのあと各ページを切り開くと、驚くべきことが起こります―。そして謎の超能力者と怪しい奇術師、次次にトリックを見破るヨギガンジーが入り乱れる長編ミステリー「生者と死者」が姿を現すのです。史上初、前代未聞驚愕の仕掛け本。

袋とじにまずはびっくりだ。
アイデアに驚いてついつい買ってしまった。

|

« アラカシ | トップページ | 花のあと »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

面白い!

投稿: nonaka | 2014年4月16日 (水) 10時33分

nonakaさん

これはよく考えたと感心します。

投稿: Hanatare | 2014年4月16日 (水) 14時09分

泡坂氏に袋とじ本があったのですねえ。
ご本人も「ほぼ」奇術師だったのですから、面白そう。

投稿: kikuy1113 | 2014年4月17日 (木) 13時26分

kikuy1113さん

本日閉じたままで読み終わり、これから袋とじを開けますがなんだかもったいないような、、、。

投稿: Hanatare | 2014年4月17日 (木) 22時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アラカシ | トップページ | 花のあと »