« 珍百景? | トップページ | 議員連盟会長ら、尊厳死認める法案について議論 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) »

舟を編む

本で興味があったが先に映像で見てしまった。

舟を編む 通常版 [Blu-ray]

内容紹介
【2012年本屋大賞 第1位! 三浦しをんのベストセラー映画化】 掲載見出し語:24万語 編集方針:「今を生きる辞書」 完成までの期間:なんと"15年"! マジメって、面白い。 辞書【舟】を編集する【編む】人たちの感動エンタテインメント!

■2012年本屋大賞第1位! 年間ベストセラー第1位! 原作は三浦しをんのベストセラー小説!
原作は「まほろ駅前多田便利軒」で第135回直木賞を受賞した、三浦しをんの傑作小説「舟を編む」。2012年本屋大賞第1位、年間ベストセラー(文芸書)第1位、発行部数は累計72万部突破の話題作!

予想通り良かった。

<ストーリー>
出版社・玄武書房に勤める馬締光也(まじめ みつや)は、営業部で変わり者として持て余されていたが、言葉に対する天才的なセンスを見出され、辞書編集部に異動になる。新しい辞書「大渡海(だいとかい)」――見出し語は24万語。完成まで15年。編集方針は「今を生きる辞書」。個性派ぞろいの辞書編集部の中で、馬締は辞書編纂(へんさん)の世界に没頭する。 そんなある日、出会った運命の女性。しかし言葉のプロでありながら、馬締は彼女に気持ちを伝えるにふさわしい言葉がみつからない。問題が山積みの辞書編集部。果たして「大渡海」は完成するのか?馬締の思いは伝わるのだろうか?

今度気が向いたら本読んでみよう。

舟を編む

|

« 珍百景? | トップページ | 議員連盟会長ら、尊厳死認める法案について議論 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 珍百景? | トップページ | 議員連盟会長ら、尊厳死認める法案について議論 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) »