« 母の日 | トップページ | 16年三谷大河は真田幸村 「真田丸」主演に堺雅人浮上 - 速報:@niftyニュース »

母の日が終って読了。

母 -オモニ- (集英社文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
太平洋戦争が始まる年、許婚の父を訪ねて18歳の母は単身、朝鮮から日本に渡った。熊本で終戦を迎え、「在日」の集落に身を寄せる。そして、祖国の分断。正業に就くことも祖国に還ることもできない。貧困に喘ぎながら生きることに必死だった他の在日一世たちとともに、忍従の日々を過ごす。ひたむきに、「家族」を守るために―。かけがえのない母の記憶をたどり、切なる思いをつづった著者初の小説。

別に意識したわけではないが、母の日が終った頃に読み終わった。
特にコメントはしないが、この本のカスタマーレビューが面白かった。

|

« 母の日 | トップページ | 16年三谷大河は真田幸村 「真田丸」主演に堺雅人浮上 - 速報:@niftyニュース »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 母の日 | トップページ | 16年三谷大河は真田幸村 「真田丸」主演に堺雅人浮上 - 速報:@niftyニュース »