« 5月30日講座 | トップページ | 暑い »

毒のある街

毒のある街 (徳間文庫)

内容紹介
K・S・P特捜部の沖幹次郎は突然の人事でチーフをはずされた。新チーフはキャリア警部の村井貴里子。怒りを抑えきれない沖だが、その矢先、射殺事件が起 きた。標的は神竜会のヤクザ二人。新宿進出を目論む関西系暴力団・共和会傘下の鳴海興業による犯行だった。さらには首領を失い凶暴化するチャイニーズマ フィア・五虎界も、新宿再開発を巡って暗躍を始める。「孤独なき地」に続くK・S・Pシリーズ第二弾。   

第一弾を読んでからしばらくだが、ようやく第二弾を読了。
とりあえず手もとにはこれでこのシリーズは終わった。
また機会があれば手を出しそうな面白さだ。

|

« 5月30日講座 | トップページ | 暑い »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 5月30日講座 | トップページ | 暑い »