« 曖昧な記憶 | トップページ | 老老介護 »

男とは

ノートにメモしていた福岡ハカセ言葉

生命が誕生した時、そこにはメスだけがいた。
メスは誰の手も借りずに自己複製した。
母は自分とそっくりの美しい娘を生み、娘はまた
娘を産んだ。
最初の十億年間、生命は女系だけでその経糸を紡いできた。
すべてはそれでうまくいっていた。
しかしある時、女は思った。
私の美しさと、別の女の美しさを合わせたら
もっと美しいものが生まれるだろうと。
この時初めて横系が必要になった。
その場しのぎの急造品として無理矢理作りだされたことが
男の弱さの原因にある。
寿命が短く、病気やストレスに弱い。
すべての男は、ママの美しさを別の娘のもとに運ぶ
「使い走り」にすぎない。

この文章を改めて読み返すと、妙に納得するのは何故か。

|

« 曖昧な記憶 | トップページ | 老老介護 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

単に納得するだけです。
それも大納得。
オスはメスの生物学的優位を、いろいろ、ずーっと、手を変え品を変えて
抑え込んできていますが、この頃はそれも難しくなってきたようで、、、
つまり生物学的優位は揺るがないが、‘それ以外のところ’でも並び立と
うとしているのを唯々諾々と認める方向に、、、
脳の中の世界を共同幻想しているんですけどね、もともと違うんだよと
いっても、もう、しばらくは(いつまで?)戻ることもできないでしょう
し、、、

この先はどうなるんでしょう・・・
わかんないなあ・・・
(スミマセン、酔っぱらいのたわごとです)

投稿: kikuy1113 | 2014年9月25日 (木) 11時04分

kikuy1113さん

先のことは誰も分かりませんわ。
なるようにしかならないでしょう。

投稿: Hanatare | 2014年9月25日 (木) 15時30分

「イブの七人の娘達」っつうのを思い出しました(笑)

投稿: kyon | 2014年9月26日 (金) 19時48分

kyonnさん

現在の日本人の95%は9人の母の子供たちである。
全ての母たちの血の道筋は、アフリカに住んでいた一人の母から生まれた子ども達だ

なかなか面白そうな話ですね。

投稿: Hanatare | 2014年9月27日 (土) 11時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 曖昧な記憶 | トップページ | 老老介護 »