« 久しぶりに描いてみた | トップページ | 施設サービス計画書 »

遅れて来た蝉

この夏の終わりかけの頃
地上での命も尽きようとした蝉が
少し先のセメントの上で
バタバタと飛べずにもがいている
踏まれて絶命するのもかわいそうと思い
近くの樹の幹に持って行ってやる
力なく幹にすがりついている
まー、そこでじっとしていなさい

しばらくして今度は足もとで
木の枝のようなのが動いてる
何だろうと屈んでよく見ると
今度は羽化する前の蝉だ
これも何だか勢いがない
多分クマゼミだと思うが、小さい
未熟児のような感じがする

季節の終わりを感じて
焦って地中から地上にでも出て来たのか
だとすれば、相当遅れて来た蝉
おそらく羽化する前に死にそうだ

季節は九月になったがまだ暑さは残る

Imgp0326

|

« 久しぶりに描いてみた | トップページ | 施設サービス計画書 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

蝉さん、ちょっと切ないね(^_^;)

「蝉しぐれ」「八日目の蝉」・・・他に直ぐに思い浮かばないけど、
そういえば、蝉って、色んな小説の題材にもなってるね・・・

ワタシには天高く馬肥ゆる秋・・・(^_^;)
いや、食欲の秋・・・が正しいっす(笑)(嘘つきだぁ~(^^ゞ)

投稿: kyon | 2014年9月 3日 (水) 09時14分

なんか・・・

たそがれてますな。

投稿: kikuy1113 | 2014年9月 3日 (水) 10時22分

切ないですね!

投稿: nonaka | 2014年9月 3日 (水) 11時00分

kyonさん
秋は色々な秋がありますね。
まー、暑さも終わり活力が湧いてくるんでしょうね。
もがきましょう、、。

投稿: Hanatare | 2014年9月 3日 (水) 22時03分

kikuy1113さん

そんなにたそがれてはいませんよ、本人は。

投稿: Hanatare | 2014年9月 3日 (水) 22時04分

nonakaさん

自然の摂理と言うものでしょうか。

投稿: Hanatare | 2014年9月 3日 (水) 22時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 久しぶりに描いてみた | トップページ | 施設サービス計画書 »