中山寺

好天に誘われるように出かけて来た
西国24番札所、中山寺

Imgp0553

何だか人が多いなと思えば「七五三」

野をもすぎ
里をもすぎて
中山の
寺へ参るは
後の世のため
階段の横にエスカレーターがあるのは、いかがなものか

Imgp0600

これも時代の流れと思いながら

Imgp0589

一人でうろうろと散策してきました。

続きを読む "中山寺"

| | コメント (4)

伏見稲荷

午後から時間が空いたので、お出かけ。
場所は京都駅から二駅、稲荷駅で下車
天気は良くて歩くと汗がにじんでくる

Imgp0440

天気が良いせいもあって人は多い

Imgp0454

鳥居の中を歩いて登ってゆく

Imgp0456

聞こえてくる声は、半分は日本語意外だ

Imgp0463

徐々に汗がにじみ出てくる。

| | コメント (8)

列車が面白い

JR九州は特徴ある列車があって
いわゆる「てっちゃん」じゃないが楽しめる

P1110467

P1110480

P1110501

P1110506

| | コメント (2)

旅最終日

最終日、都合もありこの日は新幹線で帰る予定
二日がかりで来た日程を四時間弱で帰る。

とりあえず、ゆっくりと朝食を終え
出発時間の4時までをどう過ごすか
カミさんは知覧に行きたいと言ったが
昼食をなじみの店で取ると行って来たので
昼には市内に居ないといけない
そんな関係で、市内を乗り放題の
「町めぐり」バスのチケット(500円)で
巡ることにした。

城山、仙巌園をはじめ主な観光どころは
このルートで回ることができる

Dsc_8194

城山から望む桜島、定番の場所だ。

ここのお土産屋で面白いのは土産を買うと

お釣りに百円札が混じることだ、早速買ったら

P1110551

百円札をお釣りでもらった。もちろん使える新札だ。
懐かしい場所の観光をしながら出発までの時間を楽しむ。

P1110537

一番の繁華街、天文館

P1110535

市内には坂本龍馬とお龍さんの銅像もあった。

さて時間もあっという間に過ぎて帰路につく

P1110541


| | コメント (2)

旅二日目

この日も朝から台風状況を確認しながらの旅
当初、6時代の出発で予定していたが
朝食が7時からの為、予定を変更する
タブレットを持参していたんで早速時間を調べる
ホテルにWI-FIがあったので助かった。

P1110476

これがその日の朝食です。
8時12分に博多駅を出発する
途中でまたまた、行程を変更する羽目になる
と言うのも途中熊本を通過するのも
なんだかもったいなくて
途中下車して天下の熊本城に登城

Dsc_8127

その後八代で時間待ちが99分もあったが
駅の近辺はほとんど見るような場所は無し
かといってバスで遠くまで行く時間も無い
仕方なく駅の近隣を見て、時間待ち
次の停車は人吉駅
ここでの待ち時間は77分あって
逆にもう少し時間が欲しいくらいだった

Dsc_8166_01

さあ、後は一気に鹿児島まで行きたいが
吉松、隼人と乗り換えて夕方8時過ぎに
やっと鹿児島中央駅に到着した。
ここから路面電車でホテルに向かう。

Dsc_8190

続きを読む "旅二日目"

| | コメント (2)

旅初日

台風11号の勢力が、強いまま来ている
迷いに迷ったが、列車の運休は無いようだ。

出かけるか、途中ダメなら引き返せばいい
そう覚悟して小雨の中駅に向かう。
列車は予定どうり定刻にホームに滑り込む
姫路で乗り換え、岡山で乗り換え

岡山までは何度も18切符で来てるが
岡山から先は18切符の旅は初めてだ
糸崎で乗り換え、次の乗り換えは岩国
岩国到着は13時を過ぎていた。
ここで少し乗換時間があるので遅い昼食を

駅近隣を探し、中華料理屋に入り
オーダーするが、その前にいた客が待っている様子
それを考えると、出発までに間に合うのか心配
「時間、掛かりそうですか?」
「15分位で出来ますので、、」

それから食べて、、、いかん!間に合わない
急きょキャンセルして店を出る
途中でパン屋でサンドイッチを購入
次の列車に持ちこんで車内で昼食。

次の停車は下関
心配した台風の影響はほとんどない
むしろ、何処に台風が来てるのかという天候
当初の予定は小倉で降りて
少し市内を散策してから博多へ向かう予定だったが
とにかく宿泊地まで到着してる方が安心と
次の乗継で博多へ向かった

P1110458

岩国駅で次の列車を待つ

P1110466

大雨こそふらないが、空はどんよりとして

何とかホテルもチェックインして

博多の夜を散策のため、キャナルシティに向かう。

夜は餃子、手羽先唐揚げ、最後はやはり博多ラーメンで締めて

P1110474

一日目は無事に終了、明日の台風が気になるが

| | コメント (3)

近江八幡

日牟禮八幡宮に着いて、すぐ近くに煉瓦造りの建物が見える。
何だろうと気になって近づいてみると

Dsc_7719_01

クラブ・ハリエがあった。
こんなところにあるなんて知らなっ方からちょっと感動。

Dsc_7723

もちろんバームクーヘンも作ってました。
だが、お目当ては、八幡掘り散策

Dsc_7728_01

しばらく堀沿いを歩いて楽しむ。

Dsc_7769_01

永原町通りなどの近江商人の街並みを散策。

この辺り一円を半日くらいぶらぶらしたいが、そうもゆかず。

Dsc_7775_01

今度は桜の時期にゆっくり来てみたい街だった。

| | コメント (6)

青空泳ぐこいのぼり

連休初日、近場を散策
高槻駅から徒歩で15分程度。
千匹のこいのぼりを堪能してきました。

Dsc_7649

なかなか壮観でしたぞ。

Dsc_7661

五月の空に良く似合う。

Dsc_7673

天気が良くて良かった。

| | コメント (2)

宇陀の街並み

又兵衛桜を見た後に、そのまま帰るのはもったいないので
近くで何かないかと探して見たら古い街並みがあると言う

Dsc_7521

あまりゆっくりはできないが散策してみる。

Dsc_7525

なかなか良いではないか

Dsc_7526

Dsc_7528

Dsc_7530

Dsc_7532

四半時ではあったが、寄ってみて良かった。

| | コメント (2)

今井町

散策後、少し時間があったので今井町を歩く。

P1100741

初めての場所だったが、なかなか良かった。
予備知識もなく待ち合わせまでの時間つぶしだったが
機会があれば、半日でも街の中を歩いてみたい場所。

現在の今井町には今西家住宅と同様に外壁を大壁で包んだ古い町並が続いているが、これは寺内町今井の町造りが完成した江戸初期から中期・末期に栄えた今井町の町並の形態が現在まで残されてきた。この古い町並の外周には環濠跡を現在に残している。この環濠は巾三間(約5.45m)を有し、同環濠を掘り上げた際の土を盛り上げて土塁を築き、東西南北に9つの門を開けていた。このような集落を必要としたことは、中世未明から信奉してきた一向宗への弾圧からの自衛のために町造りの形態がそのまま残されてきた。

wikipediaによれば、こういう事らしい。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧